「アンチエイジング」の記事一覧

バトミントン、テニス、卓球……「ラケット競技」を行うと長生きできるって本当?

今夏のリオ五輪では、バドミントンの女子ダブルスで髙橋礼華・松友美佐紀ペアが堂々の金メダルを獲得。卓球の男子団体で水谷隼・丹羽孝希・吉村真晴トリオが銀に輝き、水谷選手はシングルスでも銅を手にした。 同じく銅メダルの顔ぶれを思い出せば、テニスの男子シングルで錦織圭選手が。卓…続きを読む

バトミントン、テニス、卓球……「ラケット競技」を行うと長生きできるって本当?

ヒトの「寿命」は125歳が限界? <不老不死の研究者>が老化を止める物質を製品化!?

われわれヒトの寿命というものは前世紀終盤でほぼ限界に達しており、「125歳を上限」として今後もそれ以上延伸される可能性はないだろう――。そんな分析報告が10月5日の『Nature』(オンライン版)に掲載された。 米国・NYCにあるアルベルト・アインシュタイン医学校のJa…続きを読む

ヒトの「寿命」は125歳が限界? <不老不死の研究者>が老化を止める物質を製品化!?

「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とは

完全無欠のコーヒー(bulletproof coffee)をご存じだろうか。いま、痩せるならばワラをもつかみたいダイエッターの間で話題沸騰の「バターコーヒー」である。 発案者は、IT起業家で投資家のデイヴ・アスプリー氏。ビジネスの成功の陰で肥満と体調不良に悩んだ彼は、持…続きを読む

「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とは
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫