「アンチエイジング」の記事一覧

立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?

デスクワークに追われることの多い現代人。肩こり、腰痛、運動不足など、座りっぱなしのデメリットは以前から指摘されている。最新の医学研究のなかには、「座り続けること自体が人間の寿命を縮める可能性がある」ことまで示す論文が発表されるほどだ。 当サイトでも、これまで次のような…続きを読む

立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?

20代、30代から衰えは始まる! 将来寝たきりにならないために「ロコモ度」をチェック

最近、階段の上りで手すりをつかんでしまう。よく家の中で滑ったりつまずいたりするようになった――。 そんな人は、年齢に関わらず「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」が進行している可能性があるので要注意だ。ロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板など、身体を動かす「運動…続きを読む

20代、30代から衰えは始まる! 将来寝たきりにならないために「ロコモ度」をチェック

"女性限定"カモミール茶で長寿? 4000年も珍重されたハーブの効果!

薬効の発見が人類の歴史まで遡る、古くから人々に利用されてきたハーブ。中でもギリシャ語で「大地のリンゴ」を意味するカモミールは、4000年以上前のバビロニアですでに使用されていた、最古の民間薬のひとつだ。 そのカモミールに、最新の研究でさらなる可能性が見いだされた。今年…続きを読む

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇