「アンチエイジング」の記事一覧

アルツハイマー病は40代、50代の生活習慣次第でスタートする?

急激な高齢化により、認知症を患う人は増加の一途を辿っている。厚生労働省は、認知症とその予備群も含めると約900万人存在すると発表。驚くべきことに65歳以上の4人に1人だ。認知症は、日本だけでなく先進国でも深刻化しており、とても他人事ではない身近な症状なのだ。 認知症の…続きを読む

アルツハイマー病は40代、50代の生活習慣次第でスタートする?

サプリメント、医薬品、さらにはジェット燃料!? 全業界が注目するミドリムシの秘密

「ミドリムシ」と聞くと緑色のイモムシやアブラムシのようなものを想像するのではないだろうか? しかも、ミドリムシを食べたり飲んだりすると聞けば、「そんなのありえない!」と思う人もいるだろう。 名前はミドリムシだが、正確には「虫」ではない。「ユーグレナ植物門ユーグレナ藻網ユー…続きを読む

サプリメント、医薬品、さらにはジェット燃料!? 全業界が注目するミドリムシの秘密

ブロッコリーの新芽に「育毛」効果が ! 薄毛治療も養毛剤も必要なし!?

万能野菜の「新芽」には、さらなる驚きの効用が。 いつの時代にも「薄毛」に悩まされる男性は数多くいる。髪形に工夫をこらし、「七三分け」ならぬ「一九分け」にしてみたり、全体をふんわりと盛り上げてみたり、あるいは「ええいっ!」とばかり潔くスキンヘッドにしてみたり、とにかくさまざ…続きを読む

ブロッコリーの新芽に「育毛」効果が ! 薄毛治療も養毛剤も必要なし!?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波