歌手スガシカオの異常な食習慣! 粉チーズで麺が見えないパスタ、ショウガまみれの牛丼……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
131031722_s-2015.jpg

粉チーズが目当てでパスタを食べる?(depositphotos.com)

 2009年に発足というから、それなりの歴史を持つ「あればあるだけかけちゃう、かけすぎ部(現・かけすぎ部)」の存在をご存じだろうか?

 部長は、あの『夜空ノムコウ』の作詞者として知られるシンガーソングライターのスガシカオさん。

 一説には部員が「全国に数千人、いや一万をはるか超える」ともいわれ、各部員が日々、好み(担当)の食材や薬味、調味料を無料か有料(=自腹)かを問わずかけまくり、その画像を<スガ部長>宛てにTwitter報告するというのが主な活動だ。

 スガ部長自身の担当は、粉チーズ、紅ショウガを筆頭に、七味、ネギ、ゴマ、ノリ、マヨネーズ、ラー油、ゴマ油、粒マスタード、柚子コショウ、とろろ昆布……と、多品目にわたる。

粉チーズを食べるためにパスタを注文

 そんな部長の過剰なかけすぎぶりが披露されたのが、フジテレビ系のバラエティー番組『アウト×デラックス』(1月12日放送分)でのこと。毎回ゲストのアウト(型破り)度が評判を呼ぶ番組だ。

 この日のスガさんも「粉チーズを食べるためにパスタを食べている男」として登場してスタジオを騒然とさせていた。

 そのtoo muchなかけすぎぶりはぜひ、彼のオフィシャルブログの投稿画像でご確認いただきたい。
 
 「何を目的でパスタ専門店に入るかはそれこそ自由だ」「何を食べたいかではなく、何をかけたいか」などの部長語録からもその味覚の優先基準が伝わってくるだろう。

 当日の番組内では、スガ部長の二大担当薬味である紅ショウガの「盛り部」度も紹介されていた。もはや具が牛か豚かの区別もつかぬほど、麓まで真っ赤な紅富士丼と化すほど紅ショウガを盛っている光景は、町の牛丼屋さんでもたまに見かける。

 しかも、そのての盛り部員系ベニガーは、お約束事のように赤い粉雪よろしく、唐辛子も多量なのが定番のようだ。

 無料薬味の大量消費というマナー面や主客転倒的な味覚問題はこの際おいておくとしても、このような「かけすぎ/盛りすぎ」活動はカラダに悪くないのだろうか?
 
 スガ部長の生き甲斐とも呼べそうな二大薬味について考えみよう。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫