「食品ロス」を減らす<冷蔵庫・食材管理アプリ>~日本の廃棄量で世界の飢餓が2回救える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
344303534.jpg

家庭で捨てられる食品ゴミは年間300万トン(shutterstock.com)

 「食品ロス」という言葉をご存じだろうか? まだ食べられるにもかかわらず、賞味期限が迫っているため流通できないなど、さまざまな理由で廃棄されてしまう食品のことだ。

 日本国内での年間の食品廃棄量は、食料消費全体の3割に当たる約2800万トン。このうち、売れ残りや期限を超えた食品、食べ残しなど、本来なら食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」は約632万トン(2013年度、農林水産省調べ)とされている。

日本で捨てられる食べ物で、世界の飢餓を2回救える

 世界の食料援助量は約320万トン(2014年)なので、日本は世界全体で支援される食料の約2倍もの量を捨てている。さらに、そのうち約半分の302万トンは消費者由来。すなわち家庭から出ているのだ。

 家庭で捨てられる食材を種類別に見ると、最も多いのは野菜、次いで調理加工品、果実類、魚介類。食品を食べずに捨てた理由として多いのは「鮮度の低下」「腐敗」「カビの発生」「消費期限・賞味期限が過ぎた」などがある。

 原因としてよくあるのが「値段が安いから」といって食材を買い過ぎたり、家に在庫があるのを忘れて同じ食材を買ってしまったりすること。結局、使い切れずに腐らせたり、冷蔵庫やストッカーの奥で消費期限切れにしてしまうのだ。

 家庭から出される生ごみの中には手つかずの食品が2割もあり、しかも、そのうちの4分の1は、賞味期限前にもかかわらず捨てられているという(政府広報オンラインより)。

 無計画な買い物は、知らず知らずの間に、家計にも少なからずロスとして響いているはず。二重に「もったいない」話だ。

スマホアプリで食品ロスを減らす

 無駄を防ぐためには買い物の前に食品の在庫をチェックして、必要なものだけを買うべきだろう。だが、頭ではわかっていても、忙しい毎日では買い物メモを作るのも大変だ。

 そこで活用したいのが、食材の品目や残量、消費期限などを管理できるスマホアプリ。会社帰りにスーパーに寄ったときも冷蔵庫の中身がわかるから、「○○はあったっけ?」と迷ったり、食材の買い過ぎ・買い忘れも防いだりできる。

 また、冷蔵庫にある食材で作れるレシピを検索できるアプリも重宝。「残り物でもう一品」が簡単にできて、食材をしっかり使い切ることができる。そんなお役立ちアプリをご紹介しよう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆