英国で記憶力の低下を防ぐココア「MemoMax」が発売〜カカオ豆の「フラバノール」がいい仕事!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7330-2.jpg

ココアが記憶力の低下に効く!?(shutterstock.com)

 記憶力低下を大きく改善するというココアがイギリスで発売された。その名も「メモマックス(MemoMax)」。

 このココア飲料は、記憶力を最高30年も若返らせる効果が期待できるという。価格は1杯1ポンド(日本円で155円程度)。記憶力の低下に悩む中高年層のほか、勉強したい学生達の需要も見込まれる。

ココアに含まれる「フラバノール」は脳に効く!?

 記憶力の改善に貢献していると思われるのは、このココアに含まれる「フラバノール」という物質だ。カカオに多く含まれる天然のポリフェノールで、強い抗酸化作用を有し、さまざまな健康効果があることが報告されており、記憶力の改善作用についての研究結果もある。

 たとえば、イタリアの研究グループが、軽度認知障害を有する高齢者90人を3つの群に分け、それぞれにフラバノールの含有量(多い: 990mg、普通:520mg、少ない:45mg)が異なるココアを飲んでもらった。

 8週間後に認知機能等を測定したところ、フラバノール含有量の「多い」および「普通」のココアを摂取した群では、認知機能の改善が認められたという(『Hypertension』誌2012年8月)。

 また、米国コロンビア大学の研究グループが行った研究では、50〜69歳の37人を2群に分け、それぞれにフラバノール含有量が900mgと10mgのココアを3カ月間継続して飲んでもらった。試験の前後に脳のMRI画像診断と記憶テストを行ったところ、900mg群は脳の機能と記憶力が改善していた。

 試験前は平均して一般的な60歳ほどの記憶力だったが、試験後には30〜40歳の水準に近くなっていたという。MRIによる画像診断でも機能改善が認められていた。フラバノールに脳への血流を増加させる作用があり、これによって記憶力が改善したのだと考えられている(『Nature Neuroscience』誌2014年10月)。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫