祝・紅白出場の星野源~くも膜下出血で救急搬送&再発宣告を乗り越えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshinogen.jpg

紅白出場を決めた星野源さん(オフィシャルサイトより)

 今が旬の売れっ子俳優にしてシンガー・ソングライターの星野源さん(34)が第66回紅白歌合戦への初出場を決めた。5月発売の新曲「SUN」は配信ランクで軒並み首位、8月の武道館公演も大成功させて、“働く男”星野源の2015年が白組歌手として手締めされる次第だ。

 松尾スズキ率いる劇団「大人計画」所属の星野は、NHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』に出演。『ゲゲゲの女房』での心優しき弟役とは一味違った、笑いの側面でも魅了した。今年3月には紅白誕生秘話をドラマ化した『紅白が生まれた日』にも出演していたから、NHKへの貢献度と全国区の知名度も申し分ない。

 一方、“多才な草食系男子”とも“塩顔男子”とも呼んで男優・星野源の変幻自在ぶりに魅せられている女性ファンたちは目下、産婦人科を舞台に綾野剛が主役医師を演じるTBS系ドラマ『コウノドリ』での冷静沈着な同僚役を讃美する声も上がっている。

爆発的な頭痛に襲われ神経もズタズタに……

 当の星野さん自身はかつて二度、重篤な病で救急搬送された経験を持っている。1回目の異変が起きたのは、2012年の師走。

 新作の録音を終えて制作陣と手締めをしている最中に「急に目の前がぐにゃっと曲がった」「バットで頭を殴られたような痛み」に襲われてその場に立っていられなくなった…と、のちの自著で述懐している。

 搬送先の医師の診断は「くも膜下出血」。手術前の星野本人には「絶対助かりますから」と笑顔を見せた担当医だが、関係者には後遺症の可能性も示唆されていたのを後で知る。
 
 幸い手術は成功したものの、真の苦しみは、まず術後の「爆発的な頭痛」として訪れた。食えず飲めずの状態で四六時中、ただただ激痛だけが星野の脳内をかけめぐったという。

 身動きもままならない病室内でどんどん神経が異常過敏になっていき、他の患者たちの息遣いや院内の機械類のノイズが攻めてきて不眠不休状態。「それが三日間続いた」と後日談で綴っている。

 それがどれほど重い痛みで、耐えがたい精神状態だったかは「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい」「早く死んでしまいたい」「こんな拷問のような痛みはもうたくさんだ」……という阿鼻叫喚の回顧文からも伝わってくる。

うつ病の併発と社会復帰の確率と

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子