シリーズ「DNA鑑定秘話」第61回

「科捜研の女」放送200回 科学捜査に信念とプライドを燃やす沢口靖子の怪演

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サスペンスドラマシリーズ「科捜研の女」が3月15日の放送で通算200回を迎える。

 1999年10月にスタートし、現在シーズン17に突入、「相棒(主演/水谷豊)のシーズン16と並走し、放送中のドラマの最長寿シリーズだ。刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」(主演/藤田まこと)の史上最長連ドラ記録シーズン18に刻一刻と迫っているので、記録更新は目前だ。

 京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員、榊マリコ(沢口靖子)の怪演と相まって、マリコと強い絆で結ばれている京都府警捜査一課の土門薫刑事(内藤剛志)の一匹狼的な頑固直情ぶりが興味をそそる。そこに「科捜研の女」が最長不倒人気の秘密が潜んでいる。

 真実へのこだわり、諦めない闘争心。それがマリコの魅力だ。難事件にひたすら向き合いつつ、快刀乱麻さながらに巧妙なトリックを見破り、謎やミステリーを次々と解き明かしている。実に溜飲が下がる。マリコのキャッチフレーズ「科学は嘘をつかない!」は、いつまでも色褪せない。

 内藤は、DNA鑑定が進化すればするほど、犯罪の抑止力になると発言。土門刑事のプライドと演じ甲斐を滲ませる。

 記念すべき200回(第17話 2018年3月15日)は、放火に見せかけた火災の真相をマリコが探るが、マリコや土門の働きすぎもテーマだ。

 3月6日にテレビ朝日は「科捜研の女 ファンが選ぶ名作エピソード・ベスト10」を発表。3月9日からテレビ朝日(関東ローカル)で再放送が始まっている。ちなみに、栄えある1位は「マリコVSバスジャック犯!!100均グッズで決死の鑑定」(シーズン16 第16話 2017年3月2日放送) だ。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛