「犬は怖がっている人に噛みつく」は本当だった!精神的に安定した人は噛まれにくいと判明

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬は「怖がっている人」に噛みつく、は本当だった! の画像1

犬は「怖がっている人間」に噛みつく?(depositphotos.com)

 昨年(2017年)10月、韓国の人気アイドルグループ「スーパージュニア(SUPER JUNIOR)」のメンバー、チェ・シウォンさんの愛犬のフレンチ・ブルドッグが、咬傷事件を起こし世間を騒がせた。

 この犬に噛まれたのは、有名韓国料理店の代表の女性。足のすねを噛まれ、6日後に敗血症で亡くなった。一部の報道によると、マンションのエレベーター内で、犬は前触れなく、突然、噛みついたそうである。

 犬が噛みつきなどの攻撃行動を見せる大半は、「優位性」や「支配性」からくるといわれている。犬は自分のテリトリーで、最も強気になれる。その領域に、ほかの犬や人など、見知らぬ者が侵入してくれば、本能として、その他者を排除しようと攻撃行動に出てしまうわけだ。

 今回の事件の場合、住まいのあるマンションのエレベーターも、犬にとっては自分の領域だったのかもしれない……。

「神経質で不安を抱えやすい人」ほど噛まれやすい

 その一方で、犬の攻撃行動は「不安」や「恐怖」からくる場合もある。

 犬は慣れていないものに対して、不安や恐怖、嫌悪感を抱くものだ。少し怖がる程度なら、飼い主などが安心させることで「怖がる必要がない」と次第に学習していくものだが、育て方やそれまでの経験、あるいは遺伝的要素などによっては、過度に怖がりすぎて攻撃性に発展することがある。

 犬の噛みつきの心理がどちらであったにせよ、「その犬を怖がる人間のほうが噛みつかれるリスクが高い」ことが、このほど電子版『Journal of Epidemiology and Community Health』(2月1日付)に調査発表された。

 調査は、英リバプール大学の感染・グローバルヘルス研究所のカッリ・ウエストガース(Carri Westgarth)博士らが、英イングランド地方北西部の住民約700人を対象に、犬に咬まれた経験の有無などについて尋ね、対象者の性格検査も実施した。

 その結果、「神経質で不安を抱えやすい人」ほど、犬に噛まれるリスクが高いことが示唆されたという。

 性格検査は、10項目で構成された「TIPI(Ten Item Personality Inventory)」と呼ばれる尺度が用いられた。そして、情緒安定性/神経症傾向の評価スコアが1点上昇する(安定性が高まる)ごとに、犬に噛まれるリスクが23%低下する分析結果が得られたという。

 つまり、「あまり神経質ではなく精神的に安定した人」のほうが、犬に噛まれにくいことが示唆された。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆