日本人の体からもプラスチックが発見された! プラスチックストローの廃止は本格化する?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人の体からもプラスチックが発見された! プラスチックストローの廃止は本格化する?の画像1

プラスティックストロー廃止はどこまで?

 大手企業で足並み揃えて取り組みをスタートし始めた、使い捨てプラスチックストローの廃止。

 たとえば、セブン&アイフードシステムズが展開する「デニーズ」は、2019年2月末までに全店舗でプラ製ストローを廃止。日本ケンタッキーフライドチキンは、プラ製ストローの代替品を検討している。同じく、定食店「大戸屋」を展開する大戸屋ホールディングスも、全国約350店舗で代替品への切り替えに踏み切る予定だ。

 プラスチックごみの海洋汚染は世界的な問題だ。5mm以下の微細な粒「マイクロプラスチック」は世界中の海に広がり、魚や貝、海鳥の内臓から見つかっている。

 昨年10月20~24日にウィーンで開催された「欧州消化器病週間」では、マイクロプラスチックが人間の体内にあることを示す、初の証拠が報告され注目を集めた。 

日本人の体からもマイクロプラスチックが!

 報告したのは、ウィーン医科大学(オーストラリア)のPhilipp Schwabl氏らの研究班だ。彼らは欧州及びアジア諸国からのボランティア被験者8名(男性5名・女性3名)の協力を得て、提供を受けた糞便を解析した。

 その結果は、8名全員の糞便から、ヒトの毛髪の直径に当たる50~500µm前後のマイクロプラスチック片が見つかった。日常生活で無自覚のうちに、体に取り込んでいたことになる。

 今回、発見された量は、人糞3.5オンス当たりで平均約20片。10種のプラスチックのうち9種のマイクロ片が認められた。さらに、それらの95%以上が、いわゆる「食品包装」や「食品保存」を目的に用いるプラスチック製品に由来することもわかった。

 8名のボランティアは、オーストリアを筆頭に英国・オランダ・イタリア・フィンランド・ポーランド・ロシアに加え、日本人も含まれていた。各参加者には、糞便検査期間の1週間前から日々の食事内容の詳細を記録してもらった。

 その飲食記録を検証したところ、参加者全員がプラスチック包装材で覆われた食品類を口にし、プラスチック製のボトル入り飲料を摂取していた。また、8人中6人が海で獲れた魚類を食べていた。こうした彼らの飲食傾向に特殊性や個性はなく、ごくありふれた食事情といえる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆