かつては次長課長・河本準一にバッシング~ドラマ・ケンカツで学ぶ生活保護の問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kenkouteki:300・210.jpg

画像はドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』公式サイト第5回のPR動画より

 区役所の生活課のケースワーカー・義経えみるを主人公に、生活保護という制度の持つさまざまな問題を取りあげるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』。

 視聴率は前回の第4回で5.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と苦戦中だが、生活保護制度について考えるきっかけとしては、それなりに興味深い内容となっている。

 8月14日放映の第5回は、生活保護の「扶養照会」に関するエピソードだ。

「扶養照会」のために生活保護の受給を諦める人も

 扶養照会とは、生活保護の受給を希望したときに役所から受給を希望する人の親族に送られる書類で、その人を金銭的に援助する意志があるかないかを確かめるもの。この扶養照会、生活保護の運用の現場ではさまざまな問題を発生させることがある。これがあるために生活保護の受給を諦める人も多いという、いわくつきの制度だ。

 今回のエピソードでは、住所不定で公園やネットカフェで寝泊まりし、生活保護の申請を希望して役所を訪れた26歳の男性の扶養照会が問題になる。男性にには父親がいるらしく、それならば父親に扶養照会の書類を送らなければいけないのだが、男性は父親の連絡先を教えることを頑なに拒む。

 なぜ父親に照会してはいけないのかを言うことすら、男性は断固として拒否するのだが、じつは父親は高収入の医師だった。役所が手紙を送ったことで連絡してきた父親は、「私が面倒を見るので生活保護は受けさせません」と言うのだが、これを知った男性は激しく動転する。

 一体、この父子の間に過去、何があったのか──というのがストーリーだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆