杉田水脈も暴言参戦!? ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』安達祐実がシングルマザー役に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
杉田水脈も暴言参戦!? ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』安達祐実がシングルマザー役にの画像1

杉田脈議員は「シングルマザーをウリにするな」と主張(画像は杉田議員の公式HPより)

 吉岡里帆が生活保護の受給者を担当する役所のケースワーカーを演じる連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』。7月31日に放送された第3回の視聴率は、第2回から0.3%回復して5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、依然として苦戦が続いている。

 そんななか、視聴率回復のきっかけになるのではないかと期待されたのが、8月7日放送の第4回から登場する安達祐実だ。

安達祐実、自らの経験を活かして?

 彼女の役柄は、生活保護を受給するシングルマザー。「私は十分働けます。本来は生活保護を受ける立場ではないんです」と、就労に関する意識も高い。

 ところが、なかなか勤め先が決まらず、元夫からのDVの記憶や、生活保護を受給している負い目から来るうつ病が悪化する……というストーリー。

 この難しい役柄を、自らも5年の間のシングルマザー経験のある安達祐実(2009年にスピードワゴンの井戸田潤と離婚、2014年にカメラマンの桑島智輝と再婚)がどう演じるかが注目だ。

母子世帯の25年で1.5倍に増え123.8万世帯

 日本におけるシングルマザーの生活は困難を極める。厚生労働層が2015年に発表した「ひとり親世帯等の現状について」によれば、母子世帯の数はこの25年で1.5倍に増えて123.8万世帯にものぼる。

 そのうちの80.6%が就業しているが、雇用者のうち57.0%は非正規雇用だ。平均年間就労収入は、正規・非正規合わせると181万円で、非正規に限ってみると、わずか125万円に過ぎない。それでいて、生活保護を受けているシングルマザーは全体の14%程度でしかないという。

 シングルマザーが生活保護を受けにくくしている大きな要因が、生活保護にまつわる「スティグマ(社会的偏見)」であることは明らかだ。「生活保護を受けることは恥だ」と思わせる社会の雰囲気が、母親たちをますます追いつめている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆