学術展示か?見せ物か?今も世界各国で開催されている「人体の不思議展」の功罪を問う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学術展示か?見せ物か?今も世界各国で開催される「人体の不思議展」の功罪を問う!の画像1

現在「人体の不思議展 BODY WORLDS」はオーストラリアのメルボルンで開催中(depositphotos.com)

 世界七つの海を股にかけ、人間の好奇の目と蛮心を呼び覚まそうと、今なお地球狭しと徘徊する「死体ビジネス」がある。その名は「人体の不思議展 BODY WORLDS」――。

 1995年に日本で開催されて以来23年、アメリカからヨーロッパ、アジア、アフリカまで、全26カ国121都市、およそ4600万人もの目を釘付けにし、現在はオーストラリアのメルボルンで開催中だ。

「人体の不思議展 BODY WORLDS」とは何か?

 主催者の「人体の不思議展実行委員会」によれば、ハイデルベルク大学の医師・解剖学者のグンター・フォン・ハーゲンス博士が発明した「プラスティネーション」によって保存した、現実の人体150体以上のオリジナルな解剖学的・生物学的・生理学的な学術展示コレクションとしている。

 肌の下にある人体の構造性、系統性、諸器官の配置性をはじめ、弾力性、復元性、脆弱性、審美性などをあらゆるアングルから半透明のフルボディで観察できるので、訪問者に様々なインスピレーションを喚起させ、健康と活力の貢献性を気づかせ、人体と生命の価値と尊厳を学ばせるのが狙いだ。

 「プラスティネーション」とは何か? 従来、展示標本は、ホルマリン液漬けや剥製の死体が主体だった。だが、プラスティネーションは、死体、臓器、組織に含まれる血液、体液、水分、脂肪分などをプラスチックなどの合成樹脂に置き換えるため、死体、臓器、組織を腐敗させずに、生々しい形状と生き生きした外見を保ちながら保存できることから永続的展示に適している。

 訪問者のおよそ66%が「身体の健康にもっと注意を払いたいと」本音を吐露しているが、その感想と印象を聞いてみると――。

 「信じられないほどの学びがある。心と体を分けることは、人生に多くをもたらした」アンドレ・アガシ(テニス選手)、「驚くほど魅力的で巧妙に出来ている体の仕組みに命の大切さ、神秘さを教えられた」トニー・ホーク(スケートボーダー)、「言葉にならない素晴らしい実体験。神聖な気持になれた」ジェニファー・アニストン(女優)など……。検索すれば、同類の「感動」は、山のようにあるかもしれない。

 だが、重要な論点は、このような極私的な感想や個人的な評価では決してない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆