若者脳はSNSの「いいね!」に支配されている!? 安心感への強い依存が生む「同調快感」の罠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
57159-2.jpg

「いいね!」が脳を刺激し快感を与え続けるnevodka / Shutterstock.com

 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)アーマンソン・ラブレイス脳マッピングセンターのLauren Sherman氏は、SNSの「いいね!(like)」が中高生の脳に大きな影響を及ぼしているという研究成果をオンライン版『Psychological Science』に発表した。

 発表によると、13~18歳の被験者32人に各40枚の写真を投稿させ、その写真をクリックした「いいね!」の数を確認している脳の状態を、機能的MRI(fMRI)によって撮像した。実際は研究者が「いいね!」の数を操作していたが、被験者には知らせていない。

 その結果、被験者が多数の「いいね!」 を見ている時、思春期に敏感に作動する脳の報酬系回路の領域をはじめ、「社会脳」と呼ばれる領域、視覚的注意に関連する領域が活発に活動する事実が確かめられた。

 脳の報酬系回路は、欲求が満たされた時や満たされることを知った時に快感を感じさせる。つまり、自分や仲間の写真が多数の「いいね!」 をもらえばもらうほど、チョコレートを頬張った時や金銭やプレゼントをもらう時と同じように、脳の報酬系回路が刺激され「欲しい」「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「頑張ろう」と欲求がますますエスカレートする。

 欲求には、食欲、性欲、睡眠欲、喉の渇き、体温調整欲求などの生理的・短期的な欠乏欲求から、認められたい、誉められたい、愛されたい、愛したい、自分を高めたいなどの社会的・長期的な存在欲求までレンジは広い。

多数の「いいね!」が脳の報酬系回路を刺激し快感を与え続ける

 「いいね!」 を多くもらうと、このような脳の報酬系回路が活発に働くのはなぜか?

 報酬系回路は、ドーパミン神経系(A10神経系)とも呼ばれる。快感物質のドーパミンは、欠乏欲求や存在欲求の報酬が満たされる時に、中脳の腹側被蓋野から大脳皮質に大量に放射されるため、強い快感を感じる。覚醒剤やコカインなどの依存性が強い薬剤は、このドーパミン賦活作用を利用したものだ。

 サルの報酬系回路を調べた動物実験では、サルの中脳に電極を挿入し、ボタンを押すと電流が流れる装置を作ると、サルはとめどなく押し続けた。報酬系回路の刺激の強さが推測できるだろう。

 また、うつ病にかかると、ドーパミンをはじめ思考や意欲に深く関わるセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌量が激減することから、報酬系回路が遮断され、興味や喜びを著しく喪失する。さらに、言語、運動、精神活動を司る前頭葉の血流や代謝が低下することにつながるので、完治が難しくなる。

 このように、報酬系回路の働きは、人間の学習行動や環境適応をコントロールする重要なホメオスタシス(生体恒常性)のメカニズムだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆