失業で「脳卒中」が増える? 再就職で発症率が約3倍、死亡リスクは4倍以上に!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
失業で「脳卒中」が増える? 再就職で発症率が約3倍、死亡リスクは4倍以上に!の画像1

「雇用の安定」が「脳卒中」を減らす!?(depositphotos.com)

 脳につながる動脈に影響を及ぼす脳卒中は、先進国の主要な死因として知られている。

 加えて「失業」の憂き目に遭うと、脳卒中による死亡リスクがより高まる可能性がある。そんな最新知見が『Stroke』4月号に掲載された。

 しかも、注目のこの研究対象は40~59歳の日本人約4万2000人(男性:約2万2000人、女性:2万人)のデータに基づいたもの。研究陣も大阪大学大学院医学系研究科で公衆衛生学を担当するEhab Eshaks客員准教授らで、余計に興味深い。

 15年間に及ぶ今回の分析調査に際し、Eshak氏らは上記の4万人超のサンプルから「雇用変化の長期的影響」を追跡した。その結果、調査期間の15年間で1400件強の脳梗塞あるいは出血性脳卒中が発生し、そのうち400件以上が死亡に至っていることが判明した。

 さらに詳細を追うと、15年以上継続的・安定的に雇用されている労働者の場合、仕事を失った人たちに比べて「脳卒中リスクが低い」傾向にある点も認められた。裏返せば、失業体験がある対象層は「脳卒中リスク」が高いというわけだが、その率にも男女差が存在することも読み取れた。

 安定的労働層と比べた場合、男性失業者が脳卒中を発症するリスクは1.58倍で、死亡リスクは2.22倍に上昇した。これを女性層同士で比較した場合、発症リスクこそ1.51倍と男性陣と似たり寄ったりだが、死亡リスクの率は2.48倍という結果が弾き出された。

再就職者は発症率は約3倍、死亡リスクは4倍以上に!

 さらに「再就職した男性」に関する脳卒中リスクの分析値をみていくと、職場・職種の環境変化に伴う影響力の大きさを思わずにはいられない。

 再就職組の脳卒中発症率は2.96倍増し、死亡リスクに至っては4.21倍にも上る――。一方の女性再就職組では、同様のリスク上昇がほとんど現われなかっただけに、なおさらリスクの著しさが際立っている。

 この点について研究陣は、古来からの日本(人)特有の雇用形態に理由の根源を求めている。「米国などと違って、日本の男性労働者の多くはいまだ『終身雇用制度』に組み込まれており、その環境下で安定した仕事に専念する傾向がみられる」(Eshab氏)

 ひとたび「失業」の憂き目に溺れると、ある種の「もろさ」が露呈するというわけだ。

 「失業のショックから幸い再就職が成就しても、自身の不安定感は変わらない。以前よりも(内容面でも責任性からも)大きな仕事を乞われたり、その新しい仕事を維持するプレッシャーも人一倍であろう。結果、体調不良に見舞われても病欠願いを躊躇したり、病院行きもとかく遠慮してしまうか可能性が(男性転職組には)読み取れる」

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆