記憶力の衰えに不安!「アラフィフ」の女性約33%・男性約23%が実感

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記憶力の衰えの不安を実感しているアラフィフ女性約33%、アラフィフ男性約23%!の画像1

記憶力の低下がやってくる!(depositphotos.com)

 アラフィフ女性(45歳以上54歳以下/Around50)で、自分の身体の衰えのうち、記憶力の衰えによる生活上の不便を実感しているのが約33%、一方、アラフィフ男性は約23%だった。

 記憶力は加齢に伴って確実に衰えるが、アラフィフ女性はアラフィフ男性よりも、記憶力の衰えを敏感に感じていることが分かる。

 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(東京都新宿区)は、運営している「Around50コミュニティ」による知見と生活者総合ライフスタイル調査「CORE」のデータに基づいてアラフィフ女性の意識を分析した『R&D Around50レポート2017』を発表している。

身体とライフステージの激変に対峙するアラフィフ女性

 調査では、アラフィフ女性が記憶力の衰えによって不便を実感するシーンとして、<俳優名や映画名が思い浮かばない><人に話した事を忘れて「前にも聞いた」と言われる><レジのお釣りを貰い忘れる><ドアのキーをかけたのか記憶がない><説明書を何度も読まないと理解できない><料理や掃除などの家事の段取りを忘れる>などをあげている。

 しかし、身体の衰えによって実感している不便の第1位は、視力の衰え約56%だ。記憶力の衰え約33%は第2位だった。これに次ぐのが歩行力の衰え約21%だった。

 視力の衰えは、老眼による影響と考えられるが、記憶力の衰えも少なくない。視力にも記憶力にも衰えを痛感しているアラフィフ女性の実情が窺える。

 身体とライフステージが激変する狭間に立たされるアラフィフ女性は、更年期障害によるホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗など)の自律神経失調症に襲われ、実生活では子どもの進学・就職、親の介護などにも悩んでいる。

 一方、育児は一段落しているので、仕事、勉強、ボランティア、趣味など、自己成長にチャレンジしたり、人生を再起動できる好機でもある。

 しかし、意欲・情熱と記憶力の衰えとの大きなギャップにも苛まれる。やりたいことも、やるべきことも思い通りにいかないジレンマに焦りが募る。今回の調査は、そんなアラフィフ女性の真摯な感情が素直に表れているように見える。

 しかし、この調査は女性の記憶力の低さを現してはいない。記憶力の低下に対して危機感を持つかどうかの意識調査に過ぎない。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆