精神障害のある人と一緒に働く! 当事者・支援者の活動に「リリー賞」の栄誉が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
精神障害のある人と一緒に働く! 当事者・支援者の活動に「リリー賞」の栄誉がの画像1

数値目標だけでない発展的な関係を(depositphotos.com)

 厚生労働省が2016年の12月13日に発表したところによると、企業で働く障害者の人数は同年6月1日時点で、過去最多の47万4374人になったという。

 1年前より2万1241人増えて、13年連続で過去最多を更新しているのだが、特に延びているのが精神障害者の雇用だ。これに関しては、従来の身体障害者や知的障害者と比べて、勤務が安定しないなどの理由で敬遠されることもあった。

 しかし、「統合失調症」や「うつ病」を抱えていても、服薬で体調が安定していれば、一定の配慮をすることで十分勤務が可能なケースも多いことから、多くの企業で採用されるようになっている。

精神障害者の社会参入が加速

 特に現在は、「障害者雇用促進法」という法律で、50人以上の企業は従業員のうち2%障害者を雇用せねばならず、その数値を満たさないときは、ペナルティとして障害者雇用納付金を納めなければならない。

 2018年4月より、その算定範囲に精神障害者が正式に含まれるようになることも決定。精神障害者の社会参入は、ますます加速していくことだろう。

 だが、精神障害者の社会での活躍は、企業が数値目標だけを掲げれば実現できるというものでもあるまい。単に数合わせのギスギスした関係なら、「雇う側」と「働く側」、どちらにとっても発展的な関係は築けまい。

 精神の疾患を持った人が、どのようにすれば主体的な活動を実現できるのか? そのヒントとなりそうなイベントが3月10日に東京国際フォーラムで開催される。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔