やっぱり運動は<脳にも効く>!? 脳卒中患者が運動で脳の認知力もアップ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やっぱり運動は<脳にも効く>!?  脳卒中患者が運動で脳の認知力もアップの画像1

運動は<脳にも効く>!?(depositphotos.com)

 ミュージシャンの桜井和寿さん、KEIKOさん、星野源さん、川西幸一、米良美一さん、タレントの磯野貴理子さん、麻木久仁子さん、女優・歌手の河合美智子さん――。
 
 いずれも30~40代で脳卒中を経験した有名人だ。ある日突然襲ってくる脳卒中は、日本人の死因第4位に挙がる身近な病気だ。

 脳には無数の血管が走り、酸素や栄養を供給している。この血管が詰まったり、破れて出血したりして起こる病気を「脳卒中」という。詰まるタイプが「脳梗塞」、出血するタイプが「脳出血」だ。いずれも、麻痺や言語障害、意識障害などの症状が現れる。

 発症すると要介護になりやすく、高齢者に多いと思われているが、実は30~40代でも発症する。

 また、米国心臓協会(AHA)の研究結果によれば、出血性脳卒中を経験した患者は、抑うつや認知症の発症リスクが有意に高まるという。

 たとえば、2012年にくも膜下出血を発症した星野源さんは、著書の中で「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい」「早く死んでしまいたい」――という思いに駆られた闘病生活を綴っている。
*関連記事「祝・紅白出場の星野源~くも膜下出血で救急搬送&再発宣告を乗り越えて」

脳卒中の経験者には運動プログラムが有益

 治療後もその後遺症が怖い脳卒中。先日、脳卒中経験者、その家族に興味ぶかい知見がもたらされた。米ヒューストンで開催された「国際脳卒中会議」で2月22日、<体系的な運動プログラムが身体面だけでなく認知面にも有益である>ことが報告された。

 「認知」とは、思考、学習、理解、記憶などの重要な精神機能のこと。脳卒中になると脳への血流が低下するため、認知力が損なわれることがある。

 米国脳卒中協会(ASA)のDaniel Lackland氏は、「この知見は目新しいものではないが、どのような運動が有効であるかをこれまで以上に明確に示すものだ」とコメント。

 たとえば、中等度の有酸素運動と筋力、バランスのトレーニングを併用することが、脳卒中患者の知的鋭敏さの向上に最も有効であることが示唆されている。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛