サッカーのヘディングで脳に大きなダメージ! 自律神経障害や記憶力の低下のリスクも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_brainshock.jpg

ヘディングの衝撃は想像以上!(depositphotos.com)

 サッカーでボールを頭で扱う「ヘディング」は、実は思いのほか脳に良くないとの研究結果が報告された。具体的には、日常的にヘディングをするアマチュア選手では、脳震盪(のうしんとう)リスクが有意に高くなるのだという。

 この研究はオンライン版「Neurology」の2月1日に掲載されたものだ。

ヘディングの衝撃は脳震盪を起こす強さ

 以前に発表された研究によると、年間1000回以上のヘディングを行うサッカー選手の30%が、脳外傷に典型的な脳白質の微細構造の変化が見られる可能性が高く、認知能力が低下することがわかっている。

 この問題をさらに調べるため、米アルベルト・アインシュタイン医学校(ニューヨーク市)教授のMichael Lipton氏らによる今回の研究では、ニューヨーク市のアマチュアサッカークラブの成人男女222人の選手が、オンラインでの質問票に回答した結果に着目した。

 その結果を見ると、全ての回答者が、前年に6カ月以上サッカーをしており、2週間のうちにヘディングを行った回数は、男性は平均44回、女性は平均27回だった。男性の37%、女性の43%は、後頭部にボールがぶつかるなど、偶発的な頭部への衝撃を1回以上経験していた。

 そして、日常的にヘディングを行う選手と、さほどヘディングを行わない選手を比較すると、脳震盪の症状を示す可能性が3倍以上にもなることがわかった。偶発的な衝撃を2週間で2回以上受けた選手は、そうでない選手と比較して、脳震盪の症状を示す可能性が6倍以上にもなった。

 さらに、「ヘディングまたは偶発的な衝撃があった」と報告した選手のうち20%に、中等度から重度の脳震盪の症状が見られた。極めて重度の症状を呈した7人のうち6人は、偶発的な衝撃を2週間で2回以上も受けており、4人はヘディング回数が最も多い群、3人は2番目に多い群に該当していた。

 Lipton氏は「この結果が、子供や学生の選手、またはプロのサッカー選手にも当てはまるとは限らないが、ヘディングの衝撃は脳震盪を起こすこともある強さであり、ヘディングに関連する脳震盪が一般的に見られると示していることは確かだ」と話している。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔