納豆嫌いも新作「ペヤングソースやきそば」で挑戦!? 納豆効果で血液がサラサラに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9237421_s-2015.jpg

納豆をよく食べる人は脳卒中の死亡リスクが低い(depositphotos.com)

 今回の「これでも食うか?」的な「まるか食品」からの挑戦状には、思わず腰が引けて、踏み絵よろしく「沈黙」を余儀なくされたぺヤンガー(同社の「ペヤングソース焼きそば」ファン)も決して少なくはないだろう。

 虫の混入(製造販売停止)事件から復活後、「わかめMAX」「パクチーMAX」「チョコレート(ギリ)」と遊び心が満載の斬新なやきそばをリリースしてきた同社の新商品が、「ペヤングソースやきそば納豆プラス」なのだから……。

 その話題性は高く、発売開始の2月27日以降、ネット上には数多の感想が寄せられている。総じて「味はマイルド」「納豆度意外と薄め」「追い納豆したほうがいいかも」という高評価が主流。

 ただし、最も多い異口同音の意見が「とにかく匂いが強烈!」とフリーズドライ納豆をかき混ぜた瞬間の想定外なインパクトだ。なかには職場内で実食したところ「テロ呼ばわりされた」との報告も載っている。

 ちなみに、すでにさまざまなオリジナル・トッピングを試してみたという好奇心旺盛な輩はどの分野にもいるもので、「やきそばプラス納豆」なんて何をいまさら……という意見も見受けられた。
 
 そして、まさか新作ペヤングの発進に足並みを揃えたわけではなかろうが、「納豆の効用」をめぐる日本発の新たな知見が、米国の臨床栄養学誌に掲載されたので紹介しておこう。

 岐阜大学の研究チームが公表した今回の報告によれば、普段から納豆をよく食す人の場合、そうではない人に比べて「脳卒中で死亡する」リスクが約3割は低いという調査結果が示唆された。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫