「心臓/血管」の記事一覧

壊れた静脈を「接着剤」でふさぐ!?「下肢静脈瘤」の治療は「より体に優しい」新時代へ

体への負担が非常に少なく、治療時間も短い次世代の治療法が注目を浴びつつある。それが「グルー治療」だ。血管内にカテーテルを挿入して、医療用の瞬間接着剤を注入して患部の静脈をふさぐ。これまでの「下肢静脈瘤」の治療概念を大きく塗り替える可能性があるグルー治療とは、いったいどのよう…続きを読む

壊れた静脈を「接着剤」でふさぐ!?「下肢静脈瘤」の治療は「より体に優しい」新時代へ

溺れた人には「AED」より「胸骨圧迫」~脳に障害を残さず生還が3倍もアップ

梅雨が明ければ夏本番。多くの人たちがプールや海水浴、川遊びなど、水辺のレジャーを楽しむ季節がやってくる。 半面、水難事故が一気に増えるのもこの時期だ。7月と8月に発生する水難事故の数は年間の40%以上を占める。年間700人強〜900人弱が死者・行方不明 「政府広…続きを読む

溺れた人には「AED」より「胸骨圧迫」~脳に障害を残さず生還が3倍もアップ

高血圧には「カリウム」が効く!? 減塩に負けない食材は黒豆・アボカド・山芋……

日本人の40歳以上の実に2人に1人が該当するといわれる高血圧。立派な「国民病」だ。現在の日本のガイドラインでは、最低血圧が90、最高血圧が140mmHgを超えると高血圧と見なされる。 3年前に日本人間ドック学会が血圧の「基準範囲上限値」として147mmHgという数字を発…続きを読む

高血圧には「カリウム」が効く!? 減塩に負けない食材は黒豆・アボカド・山芋……
処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるが女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆