「心臓/血管」の記事一覧

芸能人が次々発症する大動脈解離 病院到着前に20%以上が死亡!

ロックバンド「ムーンライダーズ」のメンバーで音楽家の武川雅寛さん(64)が、6月18日、体調不良を訴え急性大動脈解離の緊急手術を受けたことが、同バンドのオフィシャルFacebookで発表された。関係者によると「現在も集中治療室で、ご家族、医療者の皆さまに見守られ、闘病中です…続きを読む

芸能人が次々発症する大動脈解離 病院到着前に20%以上が死亡!

移動疲れをいやす "指圧&ストレッチ"! 「イタ気持ちいい」でエコノミークラス症候群も予防

旅行や行楽など、遠方に出かけることが増えるこのシーズン。長距離ドライブや長時間の移動は、気づかぬうちに「エコノミークラス症候群」の危険を高める。エコノミークラス症候群は、航空機のエコノミークラスの狭い座席に搭乗した乗客に多く発生することから名付けられた。 ついつい水分補給を…続きを読む

移動疲れをいやす

スリム体型でサラサラ血液でもボロボロ血管が死を招く?

日本人の3大死因は「がん」「脳血管疾患」「心疾患」だ。このうちの2つ疾患の原因となるのが動脈硬化、つまり血管の硬化である。脳血管疾患と心疾患は、メタボ体型でなく第一線で活躍している元気な人でも急に発症することは少なくない。 有名人では、2013年に女優の天海祐希さんが舞…続きを読む

スリム体型でサラサラ血液でもボロボロ血管が死を招く?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆