「心臓/血管」の記事一覧

"握力検査"で心臓の健康がわかる? 握力低下が死亡リスクに大きく関連!?

"握力検査"で、心臓発作、脳卒中、早期死亡のリスクが高い人を特定できる可能性がある――。そんな研究が、有力医学誌『The Lancet』(5月13日号)に掲載された カナダ、ハミルトン・ヘルスサイエンス/マクマスター大学公衆衛生研究所(PHRI)のDarryl Leo…続きを読む

無駄に怒らなければ人生はバラ色に!! 怒りをコントロールする簡単な方法とは?

終電を逃した経験をお持ちだろうか? 最終電車をめざして、駅に急ぎながら(ちょっとヤバイけど、終電はよく遅れるから大丈夫かもしれない)と一筋の希望にすがって、途中から小走りになったりする。しかし、駅に着くと、やはり電車は出発した後だった、がっくり! と疲労感が押しよせる。だが…続きを読む

無駄に怒らなければ人生はバラ色に!! 怒りをコントロールする簡単な方法とは?

ジョギング嫌いに朗報! ヨガに有酸素運動と同じ効果が......

健康や美容に興味のある人なら、誰もがその効果に注目する「ヨガ(ヨーガ)」。ヨガは健康意識の高い人を中心に世界中に広がり、ハリウッド女優やスーパーモデル、セレブたちにも愛好家は多い。日本でも、流行の感度の高い人だけでなく一般にも普及してきた。 以前からヨガの効用に関して…続きを読む

ジョギング嫌いに朗報! ヨガに有酸素運動と同じ効果が......
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆