チーズは身近な「スーパーフード」だった! ダイエットや美容効果に優れた<完全食>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チーズは身近な「スーパーフード」だった! ダイエットや美容効果に優れた<完全食>の画像1

伸び~る!フランスの伝統料理「アリゴ」

 今や食卓に欠かせない食材となった「チーズ」。じつは<完全食>といえるほど、ヒトの体に必要な栄養素の多くがバランスよく含まれている。

 この<スーパーフード>は、良質なタンパク質と脂肪を豊富に含み、カルシウムをはじめとするミネラル、ビタミンC以外のビタミンなど――ダイエットや美容効果にも優れた食品だ。

 しかし一方で、チーズは「高カロリー、高コレステロール」「太るのでは? コレステロール値を上げるのでは……」と不安に思う人は少なくない。

 ところが近年、コレステロールに関しては、これまでの常識が一変することが続いている。

 米国では2015年、アメリカ人のための食生活ガイドラインで「コレステロールの摂取を制限する必要はない」と明示。日本でも、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)では、「コレステロールと食事は無関係」として摂取基準が撤廃された。
*関連記事「アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!」

 そもそも脂肪には、細胞膜の形成や、脳や神経の機能維持、ホルモンの材料になるなどの役割がある。不足すると血管が弱くなったり、肌の乾燥や髪のパサつきの原因にもなる。

プロが勧める<チーズ生活>

 そこで、魅力あふれるチーズを愉しみ方を紹介したい。

 モデル、女優、声優と多彩なジャンルで活躍する片岡優香さんは、芸能人では最年少で「チーズプロフェッショナル」(チーズプロフェッショナル協会認定)の資格を取得し、国内でチーズの魅力を伝える活動を行っている。

 美食家の両親に育てられ、幼少の頃から本場のチーズに親しんできた片岡さん。自身のブログのタイトルも「チーズ臭い女と呼ばないで」――。2011年にはチーズ愛が詰まったシングル曲『モテモテチーズ』(iTunesにて配信中)をリリースした。

 その<絶対舌>を生かし、「ザ・プリンスパークタワー東京」(東京都港区芝公園)では、ヨーロッパ伝統料理などチーズを使用したメニューを楽しむ「フロマージュフェア」(2017年2月1日~3月15日)も監修した。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫