連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」第3回

なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因の画像1

なぜ糖質制限で太らなくなるのか?(depositphotos.com)

 糖質制限が「2型糖尿病」の治療において効果を発揮することはもはや明解で、その有効性は多くの人が知るところとなりました。

 しかし、糖質制限が多くの人に注目されているのは、簡単に「肥満が解消できる」、つまり「痩せる」「太らない」からです。食事指導に取り入れたエステやダイエットクラブも多数出現しています。

糖質制限で太らない、痩せるメカニズムは?

 ここで気になるのは、糖質制限が糖尿病や炭水化物の食べ過ぎで肥満している人だけでなく、すべての人にとっても有効かつ安全な「痩せるメカニズム」なのかどうかということです。そこで、糖質制限で太らない、痩せるのはどういうメカニズムなのかについて考えてみます。

 1980年代前半のアメリカでは次のような政策が推し進められ、世界中に波及しました。

①健康のために肥満を防ごう
②肥満はカロリー摂取過多で起こる、だからカロリー摂取を控えよう
③そのためには高カロリーである脂質摂取を控え、その代わりにカロリーの低い炭水化物を摂取しよう!

 この結果として、アメリカを筆頭に世界中で肥満患者が増えて、2型糖尿病の患者や予備群が成人の30~40%を占めるようになってしまいました。「炭水化物をたくさん摂取すると太る」この事実が世界人類を対象にした大規模臨床実験で確認されたようなものです。

炭水化物を摂りすぎるとなぜ太るのか?

 では、どうして炭水化物をたくさん食べると太るのでしょうか? 実は、現代の糖尿病専門医たちは、ずっと以前からそのメカニズムを知っています。太るのはインスリンのせいなのです。

 インスリンは膵臓から出るホルモンで、血糖を下げるために働くことがよく知られています。食事で過剰な炭水化物を摂取すると、消化管からブドウ糖がたくさん吸収されて血糖が上がります。血糖が上がりすぎると危険なので、食後高血糖が感知されると膵臓からインスリンが出ます。これをインスリンの「追加分泌」と言います。

 インスリンの追加分泌により食後に高くなった血糖値は下がります。このときに、インスリンによって下げられた血糖はどこに行くのでしょうか? 実は、インスリンの作用によって多くの血糖は「体脂肪」として蓄えられてしまうのです。インスリンが作用して血糖を吸収する細胞は、主に筋肉、脂肪、肝臓の細胞です。

 筋肉や肝臓に吸収されたブドウ糖は、まずグリコーゲンとして貯蔵されます。しかしグリコーゲンとして貯蔵できる糖質の量はわずかであり、毎日三食糖質を食べている場合、グリコーゲンを新たに蓄える余裕はありません。つまり、ほとんどが脂肪細胞や肝臓に体脂肪として蓄積されてしまうのです。このことを糖尿病専門医は非常に良く知っています。

吉田尚弘(よしだ・ひさひろ)

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大学卒業、熊本大学産婦人科に入局、産婦人科専門医取得後、基礎医学研究に転身。京都大学医学研究科助手、岐阜大学医学研究科助教授後、2004年より理化学研究所RCAIチームリーダーとして疾患モデルマウスの開発と解析に取り組む。その成果としての<アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子の解明>は有名。
その傍らで2012年より生活習慣病と糖質制限について興味を持ち、実践記をブログ「低糖質ダイエットは危険なのか?中年おやじドクターの実践検証結果報告」を公開、ドクターカルピンチョの名前で知られる。2016年4月より内科臨床医。

吉田尚弘の記事一覧

吉田尚弘
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘