ついに世界の糖尿病人口が4億1500万人に! 米国で4人に1人「自分が糖尿病」と知らない

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ついに世界の糖尿病人口が4億1500万人に! 米国で4人に1人「自分が糖尿病」と知らないの画像1

<無自覚な>糖尿病患者や糖尿病予備軍が増加(depositphotos.com)

 糖尿病の初期には自覚症状がない。そのため、本人が気づかないまま病気が進行し、重症化する危険もある。次の項目に当てはまるかどうか、チェックしてほしい。

□食後に強い眠気に襲われる
□食事中や食後に大量の汗をかく
□空腹時にイライラしやすい

 上記に当てはまった人は「糖尿病予備軍(糖尿病前症)」の可能性がある。糖尿病予備軍とは、まだ糖尿病にはなっていないが、血糖値が安定していない状態を指している。

 糖尿病予備軍の段階で運動や食生活を改善すれば、2型糖尿病(食べ過ぎ、運動不足などで、インスリンの分泌量や効き具合が低下して起こる糖尿病)を予防できる可能性は高い。しかし、放置しておけば5年以内に2型糖尿病に移行するケースが多いとされている。

4人に1人が「自分は糖尿病」だと知らなかった

 糖尿病患者は、「先進国」だけでなく「発展途上国」でも増えている。国際糖尿病連合(IDF)の発表によると、世界の糖尿病人口は爆発的に増え続けていて、2015年の糖尿病有病者数は4億1500万人に上る。

 糖尿病の問題点は、さまざまな合併症を引き起こすことだ。腎臓や網膜、神経が障害され、高血圧、失明、しびれ、知覚障害、歯周病、認知症、抑うつ症状などを招く。

 糖尿病の患者数が世界第3位のアメリカでは、1億人以上の成人が糖尿病または糖尿病予備軍であると、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が報告している。2015年の時点で、「総人口の約9%」に当たる3030万人が糖尿病であると推計された。また、「34%」に当たる8410万人が糖尿病予備軍だった。

 今回の報告で、自分が糖尿病や糖尿病予備軍であることを知っている人の割合が依然として低いことも明らかにされた。成人の糖尿病患者の4人に1人は、自分が糖尿病であることを知らなかった。CDC長官は「憂慮すべき事態に陥っている」とコメントした。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波