メタボ患者の睡眠不足は「心臓病」や「脳卒中」による死亡リスクが約2倍!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メタボ患者の睡眠不足は「心臓病」や「脳卒中」による死亡リスクが約2倍!の画像1

睡眠不足のメタボは死亡リスクが2倍(depositphotos.com)

 「♪すいみん すいみん すいみん スイミン不足っ」――。これはご存じ、TVアニメ『キテレツ大百科』(原作:藤子・F・不二雄)のオープニング曲『スイミン不足』の歌詞である。

 思わず「♪あの娘が私を悩ませる 私があの娘を悩ませる みんながみんなを悩ませる みんなは心を痛めてる」と続けて、初恋のせつなさを思い出しながら口ずさんだ方もいるかもしれない。

 では、その原曲となった、CHICKSというガールズバンドが作詞・作曲をして歌った『すいみん不足』。後者部分の歌詞が「♪政治がみんなを困らせる みんなは心を痛めてる 」と結構シリアスな内容だったという秘話をご存じだっただろうか? それこそ、内閣支持率が急落中の今こそ復刻してほしい歌だったのだ。

 閑話休題。今回は『Journal of the American Heart Association』(オンライン版・5月17日付)に掲載された、この「睡眠不足」をめぐる看過できない新たな知見を紹介しよう。

メタボリック症候群患者の心臓病や脳卒中の死亡リスクは「2.1倍」

 なんでも腹部肥満や高血糖、あるいは高血圧や脂質異常などのリスク因子を複数有する「メタボリック症候群」患者の場合、一晩あたりの睡眠時間が「6時間未満」という睡眠不足が続くと「心臓病」や「脳卒中」による死亡リスクが倍増する可能性が示唆された。

 やや繰り返しになるが、米国では「腹部肥満(日本国内ではこれが必須項目)」「高血糖」「高血圧」「脂質異常(中性脂肪値ないしはHDL-コレステロール値の異常)」のうち、3つ以上に該当すれば「メタボリック症候群」だと診断される。

 こうした患者が背負うリスクと睡眠(不足)の関連を探る研究を実施したのは、米ペンシルベニア州立大学Milton S. Hershey医療センターのJulio Fernandez-Mendoza氏(睡眠心理学)が主導するチームだ。

 研究に際しては、一般住民のなかから無作為に抽出された成人男女1344人(平均年齢49歳)の協力を仰いだ。

 各被験者には、睡眠検査室で一晩寝てもらい、その睡眠時間を測定。その追跡調査は平均で約17年間にも及び、参加者のうち39%の層が前掲のリスク因子を3つ以上有する「メタボリック症候群」だったそうだ。

 そして根気強い追跡検査を続けた期間中、全体の参加者中22%が死亡している。

 研究解析の結果、検査室での睡眠時間が「6時間未満」だったメタボリック症候群の患者層の場合、同じく睡眠不足傾向にありながらリスク因子が少ない(2つ以下)層と比較すると、心臓病や脳卒中による死亡リスクが「2.1倍」である事実が判明した。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆