気をつけたい「夕暮れ太り」! 夕方から夜は過食に走りやすい魔の時間帯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気をつけたい「夕暮れ太り」!  夕方から夜は過食に走りやすい魔の時間帯の画像1

夕方から夜間の時間帯に「過食」に走りやすい傾向が(depositphotos.com)

 「オリンピックには魔物がいる」とは、アスリートたちの間でよく口にされる言い伝え。現状より多少なりとも「痩せたい」と望む人々には、どうやら「日没後」が要注意の時間帯のようだ。

 夕方から夜にかけては(他の時間帯に比べ)食べ過ぎてしまう危険性が増す――。そんな可能性が肥満者たちへの小規模実験によって示され、昨年(2017年)末の『International Journal of Obesity」(12月13日オンライン版)に掲載された。

食欲が最も低下するのは午前8時、最も増すのは……

 9時~17時の働き方に代表される多くの人々は、夕方から夜にかけて空腹感が強まるとされている。しかも、塩辛い高カロリー食品や甘いものをより摂りたくなる理由も併せて、その要因が概日リズム(いわゆる「体内時計」)にあることは先行研究が示唆している。

 ヒトは「意識する/しない」を問わず1日周期でリズムを刻んでおり、日中のカラダは活動状態、夜間は休息状態に切り換わる。その体内時計の仕組みゆえ、ヒトの食欲が「最も低下するのは午前8時」で「最も増加するのは午後8時」ということも示されてきた。

 だが、そんな食欲と時間帯の関係性に加え、人間特有のストレスはどんな連鎖作用を及ぼすのか? これに関しては解明されてこなかった。米ジョンズ・ホプキンス大学のSusan Carnell助教授(精神・行動学)らによる今回の実験報告は、その点に踏み込んだ最新知見である。

黄昏以降は飢餓ホルモンが吠える?

 被験対象には18~50歳の幅広い肥満者たちが選ばれた。彼らの半数までは長らく「過食」に悩み苦しんできた肥満者で、いずれも「むちゃ食い障害(過食性障害:Bringe eating disoder: BED)と診断されていた。

 この「むちゃ食い障害(過食性障害)」と「過食症」が異なるのは、前者の場合、後者に伴う代償行為(嘔吐や下剤使用)がない点にある。それゆえに必然的に太っている人が多いのだ。

 他にも「むちゃ食い」の特徴は、かなり早く食べる、満腹でも気持ち悪くなるまで食べ続ける、生理的空腹感を覚えない時でも大量に食べる、それらを恥じているから独りで食べる、過食後の自己嫌悪や罪悪感からパーソナリティー障害や大うつ病性障害、物質関連障害の有病率も高い……などがある。

 Carnell助教授を主任研究者とするスタッフ陣は、今回、対照的な2つのホルモンに着目して実験を行なった。一つめが、胃から分泌されて食欲増進を促す「グレリン(飢餓ホルモン)」。

 もう一方が、腸管から分泌されて食欲の抑制に機能する「ペプチドYY(充満ホルモン)」。試験期間を通じて、両ホルモンの血中濃度の推移を観察分析するのが目的だった。

 被験者たちには、時間帯別の2つの実験方法への協力を仰いだ。まずは日を分けて「8時間の断食後」という同じ条件下、1回目は午前9時に、2回目は午後4時に、それぞれ608kcalの流動食を摂取してもらった。

 次いで「食欲とストレス」の連鎖性を探る目的から、午前9時版/午後4時版それぞれの摂取2時間後、「冷たい水に手を漬けて2分間我慢してもらう」というストレスチェックを行なった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇