本当に怖いネット依存症〜10代で心肺機能は50代、歩きスマホで事故死……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本当に怖いネット依存症〜10代で心肺機能は50代、歩きスマホで事故死……の画像1

10代のネット依存は危険がいっぱい!(depositphotos.com)

 「歩きスマホ」で若い命が失われた。7月19日の午後4時過ぎ、14歳の男子中学生が列車とホームの間に挟まれて死亡。歩きスマホが原因と見られている。

 歩きスマホの危険性は再三警告され、過去にも女子高生が列車と接触して事故が起こったという報道があった。それでも、なぜ歩きスマホをやめられないのか?

 「ネット依存症」という言葉を、皆さんはすでに目にしたことはあるだろう。スマホなどが使えなくなり、ネットにつながれない状態になると、イライラしたり、パニックに陥ったりして、社会生活が送れなくなる症状だ。

 ネット依存症では、「ネットにつながりたい」という衝動が止まらない、食事や睡眠よりもネットを優先する、実生活の人間関係が面倒になってシャットアウトする、心身に問題が起きてもネットを使い続けるといった行動を取ってしまう――。これが歩きスマホの一因になっている可能性は高い。

 10代のネット依存症患者は、深刻のようだ。親がスマホを取り上げたために、大暴れした子どもが刃物で親を刺す事件にまで発展したケースもある。ネット依存症の疑いがある中高生は、全国で約52万人に上るといわれている。

 歩きスマホがやめられない子どもは、気づかぬうちにネット依存症に陥っている可能性がある。もちろん、それは大人にも当てはまる。

 どうしてネット依存症になるのか? どうやったら防げるのか? それを今回は考えてみたい。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫