>  >  > SMAP中居に遺言、今井さんは「緩和ケア」を受けたのか?
シリーズ医師の本音「ドクターズ・ヴォイス」第4回

SMAP・中居正広さんへ遺言、俳優・今井雅之さんの最期から「緩和ケア」を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
imaimasayuki.jpg

今井雅之さんのオフィシャルブログ『今井雅之の「押忍!」』より

 7月11日、SMAPの中居正広さんがラジオ番組『中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)で、今年5月に大腸がんで亡くなった俳優・今井雅之さんとの思い出を語った――。

 二人は、1995年に放送されたドラマ『味いちもんめ』テレビ朝日系)で共演。当初は確執していたほどの仲の悪さだったが、急速に親交がを深まり、二人だけで呑みに行くほどの仲となった。

 ラジオ番組中、中居さんは「会ったのは今年3月が最期。楽屋で1時間くらい話した。亡くなる2週間前も電話で話し、見舞いに行くことを約束していた。亡くなったことが、いまだに信じられない。本人も"納得していない"はず」と語り、今井さんから「食べられない、睡眠薬がないと眠られない」という闘病の苦しみを打ち明けられていたという。

 中居さん自身は、6月上旬にのどの腫瘍の手術を行った。検査結果は良性のポリープだったが、医師からは「悪性なら喉頭がん」と言われ、最悪の場合、声帯をとることまで覚悟したという。約1年半前からのどに違和感を覚えていた中居さんに対し、今井さんは「検査しろ」との遺言を残していた。

 今井さんは、今年5月28日に大腸がんのため東京都内の病院で急逝した。享年54。今井さんは、昨年末に体調を崩し、医師から余命3日と宣告。大腸がんの緊急手術を受けた後、抗がん剤治療を続けていた。

 今井さんは今年4月30日、東京都内で記者会見し、「主演の舞台を降板する。病状は末期がんのステージ4。抗がん剤治療を受けている。病には勝てなかった。2月の会見で腸閉塞とウソをついた。申し訳ない。あの時は絶対に舞台に立てると思っていた。役者が舞台を降りるのは本当に悔しい」と、いかにもか細い声で、痩せ細った頬に無念の涙を浮かべていた。

大腸がんに罹る人13万5800人。大腸がんで死ぬ人5万600人!

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真