「妊娠・出産」の記事一覧

運動機能の発達に欠かせないハイハイは、赤ちゃんの世界を大きく広げる

赤ちゃんの成長と発達は、目まぐるしく、微笑ましく、実に逞しい。9〜12カ月ころになると、ハイハイが始まる。数カ月も寝たままだった赤ちゃんにとって、ハイハイは世界を大きく広げるきっかけになる。 赤ちゃんがハイハイできるためには、上肢と下肢を交互に動かす交互運動ができる、首…続きを読む

運動機能の発達に欠かせないハイハイは、赤ちゃんの世界を大きく広げる

歌手・AIさんが選んだ「水中出産」、そのリスクとベネフィットとは?

今年8月28日、歌手のAIさんが、第1子の女の子を出産したことが報じられた。AIさんは2013年、音楽集団「カイキゲッショック」のリーダーでボーカルのHIROさんと結婚。妊娠出産のために2年間の音楽活動休止期間をとっていた。 そして、このたび無事に妊娠、出産に至った。…続きを読む

歌手・AIさんが選んだ「水中出産」、そのリスクとベネフィットとは?

独身女性の3割が結婚に消極的なのは問題か? 産まない選択の背後にあるものとは

少子化対策にやっきになっているお役人を、がっかりさせるようなデータが発表された。 今年6月に発表された日本生命によるアンケートによると、独身の契約者2万483人のうち、その24%が「結婚したくない」か「あまりしたくない」と答えたという。これを男女別に見ると、なんと女性の…続きを読む

独身女性の3割が結婚に消極的なのは問題か? 産まない選択の背後にあるものとは
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太