「妊娠・出産」の記事一覧

赤ちゃんの突然死を防ぐ! 「うつぶせ寝」「添い寝」の危険性に注目を

乳幼児は「突然死」することがあります。うつぶせに寝ていて窒息死――というケースもあります。当然ながら乳幼児はデリケートです。突然死の予防には、こうした事例の正確な原因を究明することが重要です。 少子高齢化の進む日本では、子どもの健やかな成長を助けて危険から守ることが社会…続きを読む

赤ちゃんの突然死を防ぐ! 「うつぶせ寝」「添い寝」の危険性に注目を

【閲覧注意】胎盤を食べると産後うつ予防、母乳分泌促進になる? 危険な「胎盤食」の真実

米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos Grünebaum氏らの研究チームは、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」に、感染症などのリスクが強いとする研究成果を『American Journal of Obstetrics and G…続きを読む

【閲覧注意】胎盤を食べると産後うつ予防、母乳分泌促進になる? 危険な「胎盤食」の真実

少なくない妊婦の自動車事故~なぜか増える妊娠中期の事故の危険性

以前、次のような報道がありました。「平成17(2005)~平成26(2014)年に東京都内で妊娠中から産後1年までに自殺や交通事故で死亡した89人のうち63人が自殺だった」――。 この報道を受け、多くの問題が議論されました。それは、「①妊婦の自殺予防のために精神的ケアが…続きを読む

少なくない妊婦の自動車事故~なぜか増える妊娠中期の事故の危険性
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太