「妊娠・出産」の記事一覧

AIとIoTの情報支援コラボレーションで「周産期の妊産婦」を見守る実証実験がスタート

AI(人工知能)とIot(モノのインターネット)のコラボレーションのもたらす衝撃は驚異的だ。ベテランの医師、医療スタッフらでさえ瞠目するようなイノベーションの衝撃波が「まほろばの古都」奈良で起きている。 9月13日、奈良県立医科大学と富士通は、AIやIoTを活用し、周産…続きを読む

AIとIoTの情報支援コラボレーションで「周産期の妊産婦」を見守る実証実験がスタート

野菜の好き嫌いは「授乳期」で決定~<味覚の経験>は子宮にいる時から始まる!

8月31日が「野菜の日」だとご存じだろうか。タキイ種苗は例年この日に「野菜と家庭菜園に関する調査」を発表しているが、なかでも『子供が嫌いな野菜』のランキングはマスコミ陣のネタ元として注目されている。 ちなみに、2016年度のBEST3は、下から「セロリ」が第3位(前年5…続きを読む

野菜の好き嫌いは「授乳期」で決定~<味覚の経験>は子宮にいる時から始まる!

「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じている

子どもが欲しい! 子どもの成長を見たい! 子どもに生きがいを見つけたい! 子どもに託す親の思いはひとつだ。 だが、「妊活」に励んでも、なぜか子宝に恵まれない。不妊治療を受けても捗々しく進まない。不妊治療は信頼できるのだろうか? そんな悩みに苦しむカップルのホンネに迫った…続きを読む

「不妊治療」と「妊活」のホンネ大調査!93%が不妊治療に大きなハードルを感じている
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆