連載 薬は飲まないにこしたことはない 第17回

「大きな病院、有名な医者、よく耳にする薬」を決して過信してはいけない理由がある

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_docpatarnarism.jpg

医師は万能の人ではない!?shutterstock.com

 いまだに大病院などで問題になっている"3時間待ちの3分診療"。患者の中には、たとえ診察時に医者が一度も目を見て話さなかったとしても、「有名な先生に見てもらった」と満足している人もいるようだ。

 また、どんなに診察時間が短くても「医者は難しい国家試験を突破した医療のプロフェッショナル。言うことに間違いはないはずだから、きちんと聞くべきだ」と考えている人も多いという。

 たった3分の診察で、どこまで判断できるのか。身体は一人ひとり異なっているため、医者は経験と数値の平均値などから診断を導き出すしかない。患者の健康を助ける医療の専門家といえども、万能の神ではないのだ。

 一方、海外では"本来命を救うはずの医療行為には命を奪う可能性がある"ということを暗に示す出来事が起こっている。

 1973年、イスラエルで医者がストライキを決行した。1カ月の期間中、診察を受けた患者は通常の6万5000人から大幅に減って7000人ほどになった。その間死亡率はなんと半減したという。
 
 1976年に南米コロンビアで52日間のストライキが起こった時には、救急医療以外の医療はいっさい行われなかった。それにもかかわらず、このストの期間中に死亡率が35%も低下した。

 同年、米国ロサンゼルスでも医者のストライキが起こる。死亡率は18%低下。通常時に比べ手術件数は60%少なかった。そして、スト終了後医療機関が再開すると、死亡率は18%上がり、以前と同じ水準に戻ったという。

 診察を受けられないという状況であったのに、なぜ死亡率が減ったのだろうか。その理由として、手術件数のほか薬の処方量(投与数)の減少が考えられる。つまり、これは手術や薬を含めた医療行為全体に死亡率を高めるリスクがある、言い換えれば医療によって命を落とすリスクがあるということなのだ。

医者にまかせきりにせず、自分の身体は自分で守る

 誤解しないでほしいが、なにも「医者はいらない」と言っているわけではない。ただ、どんな権威があるといわれている医者であれ、こうしたリスクをゼロにはできないのだ。医者は病気の専門家だが、その話をすべて鵜呑みにすることは感心できない。「大きな病院、有名な医者、よく耳にする薬だから安心」という気持ちも理解できなくはないが、提供された医療が自分自身に合うかどうかは、自分にしかわからないはずだ。

 残念なことに、"医療界が病気をつくっている"という現実は少なからずある。それを避けるためには何をしたらよいのか。患者には、病院で処方される薬、治療の詳細内容、治療リスクなどについて、知る権利があり責任もある。"自分の身体の専門家"である自分自身が、治療のメリットとデメリットをしっかり把握してから、医者の指示に従うかどうか、薬を服用するかどうかの最終判断を行うべきだ。

宇多川久美子(うだがわ・くみこ)

薬剤師、栄養学博士(米AHCN大学)、ボディトレーナー、一般社団法人国際感食協会代表理事、ハッピー☆ウォーク主宰、NPO法人統合医学健康増進会常務理事。1959年、千葉県生まれ。明治薬科大学卒業。薬剤師として医療の現場に身を置く中で、薬漬けの医療に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」を目指す。現在は自らの経験と栄養学・運動生理学などの豊富な知識を活かし、薬に頼らない健康法を多方面に渡り発信している。その他、講演、セミナー、雑誌等での執筆も行っている。最新刊『薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法』(光文社新書)が好評発売中。

宇多川久美子の記事一覧

宇多川久美子
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆