連載 薬は飲まないにこしたことはない 最終回

副作用のリスクが伴う薬を、それでもあなたは飲み続けるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
udagawalast.jpg

ウォーキングで30年近い薬漬けの生活に終止符!shutterstock.com

 これまでの連載で、処方薬やワクチン、市販薬などにより、重大な副作用が起こる可能性があることを述べてきた。また、薬は病気を治すものではなく、症状を抑えるだけのものだということにも言及してきた。

 私が白衣を脱ぎ、「安易に薬に頼ったり常用したりするのはやめよう」「薬は必ず手放せる」と人々に伝え、 "薬を使わない薬剤師"として活動するようになったのは、自分自身の経験からである。

 以前から私は、薬剤師として働きながらも、リスクを伴うことのある薬の限界を実感していた。そして薬局で接する生活習慣病の患者さんに「薬漬けから脱却してもらいたい」という強い気持ちを持っていた。厚生労働省は生活習慣病の対策のひとつとして運動を挙げているが、なかでもウォーキングを推奨している。そのため、正しいウォーキング方法を伝えたいと考え、当時人気のあったデューク更家氏に弟子入りした。

 一方、その頃の私は、頚椎のずれによる肩こりと頭痛に長年悩まされており、一時期は頭痛薬だけでなく、ビタミン剤、胃腸薬、筋弛緩剤など1日17錠も服用するなど薬に依存していた。矛盾しているが、人には「薬の常用はよくない」と言いつつ、自分は例外だと考えていたのだ。

 ところが、ウォーキングを続けるうちに身体が変わり、こりや痛みが出なくなっていった。頚椎のずれが治ったとは思わないが、正しい歩き方により痛みが取れ、30年近い薬漬けの生活に終止符を打つことができたのだ。この経験から私は自信を持って、人々に「薬は手放せる」と伝えられるようになった。

「薬を飲まなければ」という暗示を排除する

宇多川久美子(うだがわ・くみこ)

薬剤師、栄養学博士(米AHCN大学)、ボディトレーナー、一般社団法人国際感食協会代表理事、ハッピー☆ウォーク主宰、NPO法人統合医学健康増進会常務理事。1959年、千葉県生まれ。明治薬科大学卒業。薬剤師として医療の現場に身を置く中で、薬漬けの医療に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」を目指す。現在は自らの経験と栄養学・運動生理学などの豊富な知識を活かし、薬に頼らない健康法を多方面に渡り発信している。その他、講演、セミナー、雑誌等での執筆も行っている。最新刊『薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法』(光文社新書)が好評発売中。

宇多川久美子の記事一覧

宇多川久美子
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫