『チョコラBB』のニキビへの効果とは?よく効く飲み方のポイント

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年で65歳の『チョコラBB』 の人気の秘密!肌の新陳代謝(ターンオーバー)で絶大なニキビ予防の画像1

『チョコラBB』 の人気の秘密は?(画像は公式HPより

 戦後復興期の只中、ビタミンB2欠乏による皮膚炎改善のために開発された『チョコラBB』ブランドが今年(2017年)、生誕65周年を迎えた。

 誕生時(1952年)から一貫して女性の味方として親しまれてきた『チョコラBB』――。日本人で65歳といえば、老齢厚生年金の支給開始年齢に当たるわけだから、いやはや「チョコラ叔母さん」には「ご苦労様でした」の一言でもエールしたいほどである。

 ところで、妙に親近感のわく響きというか、いかにも昭和っぽい商品名でありつつも古びない愛嬌を覚えさせる『チョコラBB』なるネーミングの由来をご存じだろうか?

幻の「チョコレート入りのコーラ飲料」が始まり?

 そこには、エーザイ株式会社の前身(桜ケ岡研究所)時代に、創業者の故・内藤豊次氏が発売を目論んで、実際は商品化にまで至らなかった「あるモノ」の、その商標登録だけを受け継いだという秘話が隠されている。

 その未完成に終わった幻の商品とは「チョコレート入りのコーラ飲料」=「チョコラ」だというから驚きつつも、なんだかヒップな創業者像が思い浮かぶではないか。

 しかも、そんな愛嬌あふれる短縮形に、主成分のビタミンB2を「BB」と言い換えてしまうセンスの良さ、小泉今日子さんを「Kyon2」と呼ぶよりも遥かに前衛的な商品名なのではないか。

 ちなみにエーザイも創業時の社名は「日本衛材」であり、要は「衛生材料」の略称をカタカナ表記してしまう企業センスは、創業者精神のDNAを想わせて妙に好感を憶えてしまう。

『チョコラBB』ブランドは全部で20種類

 65年間も支持されてきた主因は、同ブランドの効き目にこそあるのは当然だろうが、小児の唇にも自然と乗せられる『チョコラBB』の語呂効果がかなり大きいこともまた事実だろう。

 現在、『チョコラBB』ブランドは全部で20種類の商品を揃えるが、その2大格が1日最大量のビタミンB2を配合し、肌荒れ・ニキビ・口内炎の緩和効果がある第3類医薬品の『チョコラBBプラス』。

そして、この脂肪代謝を助けるビタミンB2に加えて、ローヤルゼリーやアミノ酸、タウリンを配合し、肉体疲労時の栄養補給や滋養強壮を速攻ケアしてくれる指定医薬部外品の『チョコラBBローヤル』だ。

 とりわけ同ブランドの対ニキビ効果(その神話力)は絶大で「このニキビ、なんとかしたいんだけど……」「チョコラ飲んでみたら?」というJK同士のやりとりは漫画のネタどころか、現実世界で何度も交わされてきた青春の一コマといえるだろう。

 ニキビ対策におけるチョコラ効果のポイントは主成分の「BB」ことビタミンB2にある。俗に「女性の強い味方」とも称されるビタミンB2には、3大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)をエネルギーに変える効果がある。「皮膚の分泌」を抑えて「ターンオーバー(肌の新陳代謝)」を活性化してくれるのだ。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」を治せる時代が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫