連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第37回

「食塩中毒」で1歳児が死亡! 200gの「食塩」を摂取して自殺した成人も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「食塩中毒」で1歳児が死亡! 200gの「食塩」を摂取して自殺した成人もの画像1

200gの「食塩」を摂取して自殺した成人も(depositphotos.com)

 2015年8月、岩手県盛岡市内の無認可の保育施設で、当時1歳の女児が大量の食塩入りの飲み物を飲まされて、中毒死していたことが判明した。岩手県警は、2017年7月、保育施設を経営していた34歳の女性を傷害致死容疑で逮捕。容疑者は女児の気分が悪そうだったので、塩分補給の目的で食塩水を与えており、「危害を加えるつもりはなかった」と釈明し、一貫して容疑を否認。その後、容疑不十分として彼女は釈放されている。

 塩分は生命維持のため、必要不可欠な栄養素である。しかし、過剰摂取は、時に生命の危険にさらされることがある。特に上記のような1歳前後の乳児の場合は、体内に蓄積された過剰な塩分を排泄する腎臓の機能が十分成熟していないため、また塩分過剰摂取後に喉が渇いても自分では水を飲めないことなどから、生命の危険が及ぶことがある。

 イギリスで報告された食塩中毒の例では、12例中11例が「生後1.5カ月から9カ月の乳児」で、うち2例で死亡している。多くの中毒例では、少なくとも10gの食塩(小さじ2杯分)が与えられ、なかには親による虐待が絡んでいた症例も認められた。ジュースの中に食塩を添加させて、飲みやすく工夫をしたケースも含まれた。

 塩分過剰摂取後の症状は、嘔吐、下痢、発熱、頭痛、口喝などが出現するが、摂取後時間の経過とともに、さらに重症な症状として、意識障害、けいれんなどを呈する。最悪のケースでは、脳の「くも膜下出血」や「脳出血」を合併することもあり、致死的状態に陥ることが多い。

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆