ADHDに新しいアプローチの可能性!? 発達障害の子供に向くスポーツは何?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ADHDに新しいアプローチの可能性!? 発達障害の子供に向くスポーツは何?の画像1

少しずつ解明と理解が進むADHD(depositphotos.com)

 5月16日にNHKは「発達障害プロジェクト」をスタートさせた。1年間かけて複数の番組横断で、発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮らし方や働き方、悩みや対策を伝えていくという。プロジェクト番組第1弾は5月21日オンエアのNHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」だった。

 当サイトでも紹介した栗原類さんもゲスト出演した。『栗原類さんが「注意欠陥障害」を克服できた理由~大人も苦しめられる「発達障害」』

 これまで、主に社会性やコミュニケーションに問題がある障害として知られてきた発達障害だが、その具体的な情報はそれほど多くはない。

発達障害の人が見ている世界とは?

 番組では最新の脳科学研究や当事者への聞き取りによって、発達障害を持つ人たちが接している独特の見え方や聞こえ方を再現、何でもない日常空間や音が耐えられないほどのストレスになっていたり、パニックを起こしてしまう原因になっているなど障害の実態を具体的に解説した。
 
 小中学生の15人に1人の割合でいると言われる発達障害だが、個別性が非常に強いため、その説明は非常に難しい。アスペルガーや自閉症なども含まれる「ASD(自閉スペクトラム症)」、不注意や落ち着きがないという特徴のある「ADHD」。読み書きや計算といった特定の分野が極端に苦手という「LD(学習障害)」など、隣接する障害のいくつかの特徴を併せ持つ場合や中間的な場合ある。

 さまざまな研究者がこうした障害の実態を明らかにしようとしている。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆