飲酒は<心のリズム>も左右!? <ビール祭り>で判明した酒と不整脈の関係とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
61925325.jpg

ビール祭りの会場でデータ収集した結果……(depositphotos.com)

 何か辛いことがあった夜や、忘れてしまいたいことがある時、成人の多くはグラスを傾ける。
しかし、やがて飲み潰れて眠るまでの酒量には個人差があるだろう。その日の体調やメンタル面、飲酒歴によっても重ねる杯の数は違ってくるだろう。
 
 だが、そんな特別なシチュエーションとは関係なく、短時間での大量飲酒を行なえば誰でも(健常者であっても)一様に、心調律(心リズム)異常のリスクが著しく高まる――そんな調査結果が『European Heart Journal』(4月25日)に掲載された。

 この飲酒と心調律の関係についての調査に臨んだのは、ドイツ・ミュンヘン大学病院内科助教授のMoritz sinner氏らの研究陣。

 彼らは地元ミュンヘンで毎年秋に開催される伝統的で有名な通称「バイエルンのビール祭り」、オクトーバーフェスタに集まる愛飲家たちに着目し、その会場でデータを収集した。

祭りと酒量と不整脈

 調査期間は2015年のお祭り開催中の16日間で、3000人を超えるボランティア参加者(平均年齢35歳、うち30%が女性層)の協力を仰ぎ、「心臓の健康と飲酒パターン」を追跡した。

 調査に際しては、飲酒運転の取り締まりでも知られる呼気(=酒気)探知器での測定に加え、スマートフォンを使用した心電図の測定も繰り返し実施された。

 そこで集積されたデータ集を、今度はドイツ・アウクスブルグの地域住民を対象として行なわれた長期アルコールコホート研究の成果と比較検証するという段取りが組まれた。

 その結果、ボランティア参加者の約31%が、(陽気に飲めや騒げやの)このビール祭りの開催期間中に「心不整脈」を経験しているという事実が判明した。

 およそ3分の1を占めたその割合は、一般集団で通常みられる傾向(=1~4%)よりもはるかに高い数値に相当する。

 また、不整脈は、脈が異常に速くなる「頻脈」と逆に遅くなる「徐脈」に大別されるが、今回の調査では4分の1に過度の心臓鼓動(洞性頻脈)が読み取れた。

 だが、そんな調査結果に対し、アーマンソンUCLA心筋症センター(米ロサンゼルス)のGregg Fonarow氏は何らの驚きも示してはいない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆