愛煙家や分煙支持派……中村獅童も驚愕!<軽いたばこ>が肺腺がんを招く!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
13564129.jpg

<軽いたばこ>でもがんの要因に(depositphotos.com)

 国立がん研究センターが、受動喫煙による肺がんのリスク評価を従来の「ほぼ確実」から「確実」に引き上げたのは昨年8月のこと。

 喫煙者自身のリスクについては、肺がん以外にも(胃がんや肝がん他)数多の関連性が確実視されてきたが、受動喫煙リスクが「確実」と判定されたのは初めて。
 
 同センターの片野田耕太がん登録統計室長は、時代の節目とばかりにこうコメントした。

 「受動喫煙の影響を調べる段階は終わり、対策をとるべき段階になった」

 その言葉を拝借して言い換えるならば、今回のコペルニクス的な話題はこうなるだろうか――「軽い」の好印象が通用する時代は終わり、「通気孔」のリスクを疑う段階になった。

 英国のがん専門学術誌『Journal of the National Cancer Institute』(5月22日付)に掲載された最新知見は、受動喫煙の被害層よりも愛煙家本人や分煙(案)支持層をより震撼させたに違いない。

愛煙家仰天の「落とし穴」

 論文を寄せたのは、米オハイオ州立大学総合がんセンターのPeter Shields副長ら研究陣。

 彼らの報告の主役は、俗に「軽い煙草」と呼ばれ、売る側も「タール量が少ない」点を訴求して、今日の趨勢を占めている「ライト」で「マイルド」な一群である。

 現在は「マイルド〇〇〇」や「△△△ライト」的な商品名も消え失せ、その手の形容的表示もパッケージから完全撤退した。

 だが、「なんとなく安全そう」な「フィルター神話」だけは愛煙/嫌煙派を問わず、それこそ残り香の如く印象されているのではなかろうか。

 ところが、Shields氏らの新たな知見はこう結論付けていた。

 フィルターの穴から空気を吸い込み、それが煙を薄める効果をうむとされてきた「軽い煙草」だが……むしろ、ここ数十年間で増加が著しい「肺腺がんの要因」と疑われ、「重い煙草」よりも「良い」という評価は正しくない。

 20世紀後半からの50年間というスパンで俯瞰した場合、世界的な喫煙者の減少に伴い、4つに分類される肺がんのうち3種類の発症率も減ってきている。

 しかし、唯一例外なのが、最も一般的な種類とされる「肺腺がん」であり、多くの場合が肺の奥のほうで発症するのを特徴している。先日、肺腺がん治療のため歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が休養を宣言した。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆