白内障手術を受けた女性の寿命が延長する可能性!? 死亡リスクが60%低い

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白内障手術を受けた女性の寿命が延長する可能性!? 死亡リスクが60%低いの画像1

白内障手術で寿命が延びる?(depositphotos.com)

 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のAnne Coleman氏らの研究チームは、白内障手術を受けた高齢女性は視力が改善するだけでなく、寿命も延長する可能性があるとする研究成果を『JAMA Ophthalmology』10月26日オンライン版に発表した。

 研究チームは、米国で実施された女性健康イニシアチブ(Women’s Health Initiative;WHI)に参加した65歳以上の女性で、かつ白内障と診断された女性7万4,044人(平均年齢70.5歳)のうちの白内障手術を受けた4万1,735人を対象に調査した。

 人口学的要因、合併症、喫煙、飲酒の有無のほか、BMI(体格指数)、身体活動量などで調整して解析した結果、手術を受けた女性は、手術を受けなかった女性よりも死亡リスクが60%低かった。

 また、血管疾患、呼吸器疾患、がん、事故、神経疾患、感染症などの死亡リスクは、37~69%も低下していた。

 Coleman氏らは「白内障手術を受けるメリットは視力改善だけにとどまらない可能性があるが、男性にも適応できるかどうかは不明だ」と説明している。

 なお、この研究結果は因果関係を示すものではない。また、この研究では死亡リスクに影響する肥満などの生活習慣に関連した要因が考慮されているが、手術を受けることを選択した女性は、自身の健康管理を積極的に行うタイプの女性である可能性もある。

 米ノースウェルヘルスの眼科医であるMatthew Gorski氏は「なぜ白内障手術が死亡リスクの低減に寄与するのかが明確に示されていないものの、眼科検診の重要性を改めてあら示した研究結果だ」と指摘している。

手術後にADL(生活の質)が蘇る!?

 この研究とは別に、白内障手術を受けた患者は、長期的な死亡リスクが低いとする研究がある(『Ophthalmology』2013年9月号)。

 オーストラリアのウエストミードミレニアム研究所のJie Jin Wang氏らの研究チームは、白内障によって視力が低下した49歳以上の患者354人を対象に5年後と10年後の経過観察を行なった。

 その結果、白内障手術を受けた患者は、手術を受けていない患者よりも長期的な死亡リスクが40%も低かった。

 Wang氏によると、視力が低下したまま過ごせば、様々なリスクを伴うが、白内障手術によって危険回避能力が身にをつき、死亡事故や認知症の発症などが抑制される可能性が高まると説明している。

 このような研究成果を見ても、なぜ白内障手術が寿命に関わるのかは明白ではない。しかし、白内障手術に使われる眼内レンズの性能や安全性と深い関連があるかも知れない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆