<ネット注文>便利さの弊害? 20代男性の「おでかけ」30年で半減~70代を下回る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<ネット注文>便利さの弊害? 20代男性の「おでかけ」30年で半減~70代を下回る!の画像1

20代男性の外出回数は「平日で1.91回/休日で1.24回」(depositphotos.com)

 20代男性の休日における外出回数が「約30年でほぼ半減」との調査結果が判明し、ネット注文=宅配普及社会における若者行動(力)の一面が浮き彫りにされた。

 国土交通省の「全国都市交通特性調査」は、都市における人々の動き(どうのような目的で/どのような交通手段を利用して移動しているか等)に関して集計するのを目的としたもの。

 調査が開始された1987年より、およそ5年ごとに実施され、2015年の調査では全国70都市を対象とし、4万3700世帯から回答が寄せられた。

 その集計結果(11月21日発表:確報値で)を見ると、対象者全体の1日当たりの平均移動回数は「平日で2.17回/休日で1.68回」。この数値自体が調査開始以来の「最低値」だったのだが……。

「狩り」に出ない20代男性

 ちなみに「移動回数」は下記の方法でカウントされた。

①自宅等から一度も外出しなければ「0回」
②自宅と目的地等を往復すれば「2回」
③途中に立ち寄った場所があれば「3回」

 この1日の平均移動回数の数値を「20代女性層」に絞ってみれば「平日で2.01回/休日で1.61回」となった。比べて「20代男性層」の場合は「平日で1.91回/休日で1.24回」となり、いずれも全体と女性層の結果を下回った。

 さらに最初の調査が実施された「1987年時点の20代男性」の移動回数(平日で2.98回/休日で2.31回)と比較してみれば、この約30年間における「外出離れ」ぶりは歴然だ。

 事実、調査日に一度でも外出した人の割合を示す「外出率」でも、20代男性層の結果(平日81.2%:休日51.1%)は、全体の平均(平日89.9%:休日59.9%)を下回り、とりわけこの層(の約半数近く)は「休日に外出しない」傾向が読み取れた。

 じつは、2015年の結果は速報版(昨年12月26日発表)の時点で、<10~20代の休日外出率は6割に満たない>調査史上最低、70代の同外出率をも下回る実態が明らかにされていた。

 また、休日の移動回数でも20代(男女)は「1.43回」と減少傾向を示し、70代の「1.60回」を下回っていた。その主因は、男性陣の外出離れだと確報値で判明した次第だ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆