「肥満」と「孤独」どちらがより寿命を縮めるか?米国成人の4割が肥満

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国成人の4割が肥満~米CDC調査     「肥満」と「孤独」どちらがより寿命を縮めるのか?の画像1

肥満と孤独 どちらも寿命を縮める?(depositphotos.com)

米国の肥満率がついに約40%となってきた。成人の肥満の有病率は2015~2016年には39.8%に上り、成人の4割が肥満であるとの調査結果を、米疾病対策センター(CDC)が「NCHS Data Brief」10月号に発表した。同調査では2~19歳の未成年者の18.5%が肥満であることも明らかにされた。
 
 米国の肥満率は2013~2014年の調査時(成人37.7%、未成年者17.2%)からは有意な変化はみられなかったが、1999~2000年調査時(それぞれ30.5%、13.9%)から大幅に上昇し、いずれも過去最高を記録した。公衆衛生の専門家らは、こうした肥満率の上昇により糖尿病や心疾患などの慢性疾患患者は今後ますます増え続けることが懸念されると警鐘を鳴らしている。

子どもの肥満率の高さも大きな問題

 この調査結果について、米国心臓協会(AHA)のEduardo Sanchez 氏は「米国では近年、主に治療の進歩や喫煙率の低下により心血管疾患や脳卒中による死亡率が大きく低減している。しかし、こうした米国人の肥満傾向が改善しない限り、これらのベネフィットを享受しにくくなることが心配される」と述べている。

 また、米メイヨー・クリニックの小児肥満を専門とするSeema Kumar氏は、特に小児肥満の増加は生涯にわたる健康リスクにつながると、その問題点を強調する。同氏は診療現場で、かつては成人に多くみられた2型糖尿病や高血圧、脂質異常、脂肪肝などを抱える子どもが増えている現実に直面しており、「子どもの肥満率の高さから、子どもたちはその親に比べて健康状態が悪く、短命になることが考えられる。糖尿病や高血圧、心疾患にかかる成人は今後も増え続けるだろう」と述べている。

 専門家の中には、全体的な肥満率の増加だけでなくいくつかの傾向を心配する声もある。その1つは、近年、国内で急増している特定の人種の成人で明らかに肥満率が高いことで、例えば、人種別の肥満率をみると白人では37.9%、アジア系では12.7%なのに対し、ヒスパニック系および黒人の成人ではそれぞれ47.0%、46.8%に上っていた。
 
 また、この調査では肥満率は年齢に伴って上昇していることも明らかにされた。2~5歳児では13.9%だった肥満率は、小児(6~11歳)では18.4%、思春期の若者(12~19歳)では20.6%、若年成人(20~39歳)では35.7%となり、中年期(40~59歳)を迎えると42.8%にまで上昇していた。

肥満対策は地域レベルでの対策も重要

 Sanchez 氏とKumar氏はともに、肥満対策には家庭レベルにとどまらず、地域レベルでの取り組みが重要になると強調している。両氏によると、家庭レベルの対策として、子どもを持つ親に健康的な食生活や運動の大切さ、さらにその実践法を学ばせることで、それを子どもに伝えていくといった方法が考えられるという。

 また、地域レベルでの対策も重要で、両氏らは以下のポイントを挙げている。
(1)学校や職場の自動販売機では(砂糖などを含まない)健康に良い飲み物や食べ物を提供する
(2)農家から直接、健康に良い食品を手軽に購入できるようにする
(3)歩行や自転車に乗りやすい近隣環境を整備する
(4)学校や家庭で子どもに運動習慣をつけさせる
 Sanchez 氏は「対策を講じる際には、単に情報を提供するではなく、地域住民に行動変容を促す環境づくりをするという視点が重要になる」と述べている。

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志