騒々しい街があなたの耳を危険に晒す~「世界のうるさい都市ランキング」で判明

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
騒々しい街があなたの耳を危険に晒す~「世界のうるさい都市ランキング」で判明の画像1

「騒音」が健康に悪影響を及ぼす(depositphotos.com)

 この記事をご覧の方は、その場で耳を澄ましてみて欲しい。あなたは今、静かに落ち着ける場所にいるだろうか。それとも、クルマの騒音やスピーカーから流れ出るアナウンスがひっきりなしに聞こえる場所だろうか――。

 超高齢化社会で人口が減少に転じた日本は近い将来、インフラを維持できる都市部にさらに人口が集中すると予想されている。心落ちつく静かな住環環境は、より贅沢なものになるかもしれない。

 「騒音」が人の健康に悪影響を及ぼすことは、以前から指摘されている。最近の研究では、世界の都市の騒音公害と、耳が聞こえにくくなる「難聴」に密接な関係があることがわかった。

広東、ニューデリー、カイロは難聴が多い?

 このニュースは、AFP(フランス通信社)が発信したもの。「騒音」と「難聴」それぞれに関する世界の大都市50のランキング調査を3月3日、明らかにした。

 今回の研究者らの分析によると、中国・広東、インドのニューデリー、エジプトのカイロ、トルコのインスタンブールなど、騒音レベルが高い都市地域は住民の聴力低下もランキング上位となった。

 一方、スイスのチューリヒ、オーストリアのウィーン、ノルウェーのオスロ、ドイツのミュンヘンなど、騒音レベルが低い都市では聴力低下もランキングの下位だったという。

 難聴の原因には感染症や遺伝性疾患などもあり、必ずしも都市の騒音が難聴の主原因だと示されたわけではない。この調査結果は予備段階で、まだ論文として専門誌に提出されたものではない。

騒音で<耳年齢>が10歳も進む!?

 しかし、ドイツ企業の「ミミ・ヒアリング・テクノロジー」が20万人に対して携帯電話を用いて実施した聴覚テストでも、この結果が偶然の一致ではないことを示唆した。

 同社は、聴覚テストから導き出した「聴力損失についての都市ランキング」と、世界保健機関(WHO)とノルウェー産業科学技術研究所(SINTEF)の情報から作成した「世界の都市における騒音公害ランキング」を照らし合わせた。

 すると、騒音ランキング上位の都市の住民は、静けさで上位の都市の住民に比べると、<耳年齢>において平均10歳も「高齢」という結果が出たという。

 ちなみに、こちらの分析で騒音が少ない群にランキングされたのは、スウェーデンのストックホルム、韓国のソウル、オランダのアムステルダム、ドイツのシュツットガルトなど。

 中国の上海、香港、スペインのバルセロナ、フランスのパリは、騒音都市として上位にランクされた。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘