1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!? 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に一筋の光明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!? 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に一筋の光明の画像1

タバコ+アップル=NO-COPD?(depositphotos.com)

 「タバコは身体を蝕む」「百害あって一利なし」――これらの警告は喫煙者には<耳にタコ>、すでに言い尽くされたことかもしれない。

 ところが、リスクが大きく世界的に主要な死因でありながら、いまひとつ認知されているとは言えないのが「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」だ。

 COPDとは、有害物質の吸入によって肺に慢性的に炎症が起き、空気の流れが制限される結果、呼吸困難などの症状がみられる病気。

 COPDによる死亡数は、平成25年で1万6443人(厚生労働省「人口動態統計の概況」)。死因別死亡数は第9位で、日本人全体の死亡総数の1.3%を占める。

 その最大の原因が喫煙だ。喫煙者の15~20%がCOPDになるといわれ、患者のおよそ90%は喫煙歴がある。日本では40歳以上人の9%近くがCOPD患者と推定されており、しかもその多くが医療機関での治療を受けていないという。

 息苦しさなどの症状に気付いたときには、かなり進行している。一度COPDとなれば、肺の機能は元通りにならない。身近でありながら怖い病なのだ。

果物を1個増やすとリスクが8%低下

 だが先月(2月)22日、喫煙者にとって光明の差す研究結果が呼吸器疾患の専門誌『Thorax』(オンライン版)に掲載された。

 果物や野菜をたくさん食べる人は、過去~現在に喫煙していてもCOPDにならない可能性が高いというものだ。

 今回の研究は、ワルシャワ生命科学大学(ポーランド)が平均約13年間にわたり、45~79歳のスウェーデン人男性4万4000人を追跡調査したもの。

 対象者たちは、食生活や喫煙、その他の行動に関するアンケートに回答。約3分の2の人は喫煙経験があり、4分の1はその時点でもタバコを吸っていた。「喫煙したことがない」と答えたのは全体の約4割だった。そして、追跡期間中に1900人を超える対象者がCOPDを新たに発症した。

 これらのデータを解析した結果、喫煙歴にかかわらず、特定の果物や野菜を1日5皿以上食べていた人は、2皿のみの人に比べてCOPDの発症リスクが35%も低かった。

 また、食べる量が1皿増えるごとにCOPDを発症するリスクが低下。元喫煙者では4%、現喫煙者では8%低くなった。

 なお<特定の>果物や野菜とはリンゴ、ナシ、緑の葉物野菜などで、すべての果物や野菜に予防効果があるわけではない。バナナ、ベリー類、柑橘類、トマト、タマネギ、ニンニク、エンドウマメなどには、リスクを低減する効果は見られなかったという。

 ここでいう「1皿」とは、英語でいう「1サービング」。目安として、葉物野菜なら1サービング=1カップ強、果物なら中1個だ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆