スマホの血圧測定アプリは信頼できない!?〜モバイルヘルスに求める医療機器としての正確性

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
488225-2.jpg

米国では「モバイルヘルス」は当たり前!?(shutterstock.com)

 米国では「モバイルヘルス(エム・ヘルスとも呼ぶ)」という言葉が定着するところまで、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを用いた健康管理が進んでいる。

 その流れはもはやデータ「管理」にとどまらない。デバイスを用いた「診察」を可能にするアプリの開発も進んでいる。簡単な付属品をつけるだけで、血糖値を測定したり、簡単な心電図などが取れたりするのだ。もちろん、血糖値が高すぎたり低すぎたりすればアプリは警告を発するし、脈に異常に不安を感じれば担当医に心電図を送ることもできる。

 そんな中、米国で最も用いられている血圧測定アプリの信頼性に大きな疑問を投げかけるデータが、電子版「JAMA Internal Medicine」(3月2日)に掲載された。血圧測定アプリは、80%近くの「高血圧」を見逃してしまうというのだ。

41%で自動血圧計の値と15mmHg超の乖離

 今回、問題視されたアプリは、米国AuraLife社が開発した「The Instant Blood Pressure app」。スマートフォンの下サイドを胸につけ人差し指でカメラレンズを抑えると、そこから得た情報を用いて血圧を自動的に「推算」する(AuraLife社の説明)という触れ込みだ。2014年6月5日に販売が始まって以来、15万回近くダウンロードされた大人気のアプリだ。
  
 しかしジョンズホプキンス大学医学部のTimothy B. Plante氏らが、アプリで推算した血圧と通常の自動血圧計で測定した血圧を比べたところ、看過できない不一致が認められた。

 85人で測定した上の血圧(収縮期血圧)を比べると、アプリの値が自動血圧計と5mmHg以内しか違っていなかったのは24%のみ。すなわち、アプリの値の76%は自動血圧計と5mmHg以上もかけ離れていた。また41%では、アプリの値と自動血圧計の差が15mmHgを超えていた。これでは血圧を「推算」しているとは言い難い。

 その結果、アプリの値を信じると「高血圧の77.5%が見逃されてしまう」とPlante氏らは試算している。また降圧薬服用者がアプリの値を信じ、降圧薬の量を自己判断で減らす危険性も、同氏らは危惧している。
 
 なお、このアプリ自体は、理由は不明だが現在は公開が中止されている。しかし同様のアプリが今でも(米国では)ダウンロード可能だ。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛