連載「最新の“美容医療”の世界にようこそ」第1回

“美容医療”の世界が変わる! 豊胸、若返り、薄毛治療などに最新の再生医療を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9668033-2.jpg

美容医療の敷居は低くなった(shutterstock.com)

 みなさんは「美容医療」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか? または、「美容医療」という分野にピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。

 私が美容外科医になって12年が経ちます。当時、外科医として総合病院に勤務をしていた私は、医学部時代からの親しい同僚に「美容外科の医師を募集しているから話を聞いてみたらどうか」といわれたことがきっかけで、この道に入りました。

 その頃から、テレビCMや雑誌などで美容クリニックの宣伝・広告は行われていましたし、およその理解はしていたつもりでした。ところが、詳しく話しを聞いたり調べていくうちに、美容外科という診療科目の奥深さに魅かれ、「この分野をより一層極めていきたい!」と診療に励んでいます。

美容医療とは何か?

 美容医療とは、健康上の不具合やケガを治すのではなく、外見を整容的(美容的)に改善、またはよりよくするためのものです。施術を受けることで見た目がよくなり、心身ともに今より満足度を高める医療、というのが特性といえるでしょう。言い換えれば、病気やケガの治療のように“急を要さない”医療でもあります。

 日本では1978年に「美容外科」が標榜科目として国に認可され、以来、美容外科学会が発足するなど発展を続けています。

 そんな特性をもつ美容医療には、メスを使用する手術による美容外科治療と、レーザーや注射などメスを使わない治療があります。具体的にあげると、豊胸術や脂肪吸引、二重まぶたにしたり、鼻にシリコンを入れて高くするといった治療は美容外科手術です。一方で、シミやしわを目立たなくしたいといった治療は、メスを使わずレーザーや注入(注射)によるものです。近年、増えている美容皮膚科を専門とするクリニックでも受けることができます。

来院される患者さんの多くはごく普通の方ばかり

伊藤康平(いとう・こうへい)

聖心美容クリニック東京院院長。日本美容外科学会(JSAS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)会員、日本美容外科医師会会員、日本外科学会専門医など。冷静・的確なカウンセリングや美容外科医としてのセンス、技術に定評。年代を問わず幅広い支持を受けている。趣味は車やスキー、オーディオなどの電化製品、料理、熱帯魚観賞と幅広く。
聖心美容クリニック www.biyougeka.com

伊藤康平の記事一覧

伊藤康平
若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫