夏の不調を秋まで持ち越す"秋バテ" 30代の経験者は、なんと6割超!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fatigue.jpg

夏の疲れを引きずる秋バテに用心!【IWJImageWorksJapan/PIXTA(ピクスタ)

 「なんとなく調子悪くてさぁ、ここんとこ忙しかったからなぁ」

 電車の中で働き盛りサラリーマンの、こんな会話を耳にすることがある。確かに見渡すと、マスクをしている人も増えてきた。夏が終わっても「なんとなく不調」で元気がでない、あまり食欲もない......。

 そんなあなたは、「夏バテ」が「秋バテ」へと尾を引いているのかもしれない?!

 次のような調査結果が出た。アンケートサイト「Qzoo」を運営するゲイン(東京都港区)が、首都圏に住む20~50代の男女800人を対象に、「夏の不調と秋バテに関する調査」を実施。その結果、猛暑が過ぎても夏バテの症状が治まらない、食欲不振、全身の疲労感、だるい、無気力感が続く、いわゆる「秋バテ」を経験した人が52.8%に及ぶという。

9月が最も多く半数以上が"秋バテ"

 なかでも30代の秋バテ経験者は、なんと61.4%。夏バテが解消する時期は9月が最も多く42.5%、10月以降に解消する8.9%を含めると、半数以上が秋バテを経験。ほぼ2人に1人が秋まで体調不良を持ち越していることになる。夏バテ時の食事は冷たい麺やサラダなどさっぱり系になり、「栄養のバランスが偏っている」と感じている人は71.5%もいる。

 しかし、夏バテで体調不良を実感しても具体的な対策をとった人は、女性で20.3%、男性に至っては12.2%と少なく、全体では約8割が夏バテに対して何ら対策を講じていないことも判明した。

秋バテ克服は生活習慣の見直しから

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘