要注意!「つけま」でドライアイ? まつ毛の長さは目の大きさに比例

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eyelashes.jpg

長けりゃいいってもんじゃない!? Valua Vitaly/PIXTA(ピクスタ)

 日本女性が、メイクで最も気をつかうのは「目元」。今では信じ難いが、1970年代には、熱したスプーンのカーブ部分にまつ毛に当ててカールさせるということが、うら若き女子の間では行われていた。

 80年代に入ると、おなじみのビューラーが登場。手軽に、まつ毛をカールできるようになった。このビューラーも、“イケてる女子”はドライヤーで温めたという。

 そして90年代には、水に溶けない、泣いても滲まないマスカラが登場。2000年代になると、まつ毛パーマで長期的にカールが保てるようになった。そして今や、「100均で『つけまつ毛(通称つけま)』買い放題時代」を迎えた。

 振り返れば、日本女子が長年、涙ぐましい努力を展開してきたのは、ひたすら目をハッキリくっきり見せるためである。欧米や中東の女性のように、根本から太く長~い天然まつ毛はうらやましい限りだ。

 ところが実は、まつ毛の長さにはある法則が存在するという。

哺乳動物22種のまつ毛と目のサイズを測定

 「まつ毛の法則」を発見したのは、米・ジョージア工科大学の研究チーム。リーダーの生物学者デビット・フー氏は、これまでにも猫から象まで哺乳類動物の膀胱が空になる速さを測定し、話題になったことがあるユニークな研究者だ。

 今回の研究は、生まれた娘の美しいまつ毛を眺めているうちに「ヒトには、なぜまつ毛があるのだろう」と考えたのが始まりだという。

 フー氏らは、小はアムールハリネズミから大はキリンまで22種の哺乳動物のまつ毛と目のサイズを測定した。

 すると、どの動物でも、まつ毛の長さは「目の幅の3分の1」だったのである。

不自然な「つけま」は“空気ゾーン”を破壊

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘