高齢者の運動は軽いほどいい? 週5時間の家事だけでも“健康寿命”がアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
921595-2.jpg

高齢者は家事や散歩程度でOK? (shutterstock.com)

 誰もが単に長生きを望むのではなく、自立して生活できる「健康寿命」を伸ばしたいと願っている。

 高齢になっても健康を維持するためには、正しい食事や睡眠だけでなく、適度な運動が必要なことはもう何度も耳にしているだろう。ただ、頭では理解していても高齢者にとってはハードルが高いものだ。

 何か「特別な運動」を疲れるまで頑張らなければいけないのでは? と思うと億劫になってしまう。あるいは「体重が重い」「膝や腰が痛い」という理由で、自分に運動は無理だと諦めてしまう。人は「ゼロか100か」の思考になるとモチベーションが上がらず、結局ゼロのままということになりがちだ。

 しかし、人にとって運動は、10でも20でも、ゼロに比べれば身体に劇的な変化をもたらすことが、最近、アメリカの研究で明らかになっている。特に高齢者ほど、それによって享受するものが大きいというのだ。

週5時間のゆったり運動でOK

 「ごく軽い運動であっても週に合計5時間程度行えば、65歳以上の高齢者にとって非常に有益なことがわかった」と言うのは、米オレゴン州立大学公衆衛生・人間科学部のブラッド・カーディナル教授。

 「軽めの運動や身体活動を週5時間するだけで、健康改善につながる多くのベネフィットを得られる。1週間は168時間だから、たった3%を費やせばよく、多くの人にとって取り組みやすいはず」と強調する。

 従来、アメリカ人のための運動ガイドラインでは、高齢者の健康を維持するためには週に最低「75分の強い有酸素運動」か「150分の中程度の有酸素運動」を行うことが推奨されている。

 WHO(世界保健機関)によると、運動強度を「MET」という単位で示したとき、中程度の運動は3~6MET。強めの運動は6METを超える。中程度の運動の目安は散歩やダンス、ガーデニングなど。強めの運動はランニングや自転車、エアロビクスとなる。

 オレゴン州立大学を中心とした研究チームは、全米規模で行われている国民健康調査(NHANES)の中でも、特に運動や身体活動についてのデータが充実している2003〜2006年の調査結果を解析した。

 その結果、ごく軽めの運動を週に5時間以上行っていた高齢者では、運動をまったく行わなかった高齢者に比べて、健康指標が平均18%も高いことが判明した。

 具体的には、BMI(体格指数)が適正でウエストが細く、インスリン値も正常で、慢性疾患の有病率も低かったという。軽めの運動の例としては、無理のないウォーキングや、ゆっくりとしたダンス、卓球のようなのんびりした競技のほか、家事などの身体活動も含まれる。

 65歳以上の高齢者は、ケガや健康への悪影響を恐れて、運動をためらう傾向がある。しかし、強度の低い運動であれば、簡単に取り組めて続けやすく、医師のメディカルチェックも不要というメリットがある。

禁煙と同じくらいの健康効果がある

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆