笑わない高齢者ほど要介護まっしぐら? 毎日笑ってNK細胞を強化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
85713633-2.jpg

健康のために今日から笑いの練習だ!(shutterstock.com)

 仕事でちょっとしたミスをしたとき、「笑ってごまかす」ことはないだろうか? また、はっきりと返答せずに「曖昧な笑い」でその場を切り抜けるのは、日本人の得意技ともいわれている。

 さまざまなシチュエーションにおいて、「笑い」が人間関係を円滑にする触媒になっていることは、誰もが実感するだろう。さらに「笑い」は、健康や長寿にも関係していることが、近年の研究で明らかになりらじめている。

笑わない高齢者ほど健康状態が悪い

 千葉大学や東京大学の研究グループが、65歳以上の高齢者2万人を対象に、笑いと健康状態について調査を行なった。声を出して笑うことが「ほぼ毎日」と答えた高齢者は、男性38%、女性49%。「ほとんど笑うことはない」と答えた高齢者は、男性10%、女性5%。

 そして、それぞれに健康状態を聞いてみたところ、「ほぼ毎日笑う」と答えた高齢者に比べ「ほとんど笑わない」と答えた高齢者のほうが、男性で1.54倍、女性で1.78倍も「健康状態が悪い」と訴えていた。

 現在、全国民の4分の1の3300万人が65歳以上の高齢者で、そのうち一人暮らしの人は男性が139万人、女性が341万人にもなる(内閣府・平成26年版高齢者白書)。家に閉じこもって1週間、誰とも会話を交わさないという高齢者もざらにいるが、そういった人が毎日声を出して笑っているか、はなはだ疑問である。

 高齢者が「閉じこもり」になると、要介護の状態を招きやすくなる。体を動かす機会が減り、体力が低下し、何事も億劫になって食事もなおざりに。その結果、ますます虚弱(フレイル)になり、転倒をしてケガでもすれば、寝たきりになり、認知症にもなりやすい……。このように要介護まっしぐらの“負のスパイラル”は、決して珍しいことではない。

 先の調査からもわかるように、「笑い」は負のスパイラルから抜け出すきっかけを与えるのではないだろうか。

免疫療法薬よりも効果がある「笑い」!

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆