「コンビニ健診」で医療費抑制!? 地域の健康拠点としてのコンビニの可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「コンビニ健診」で医療費抑制!? 地域の健康拠点としてのコンビニの可能性の画像1

コンビニ健診で医療費抑制? Rawpixel/ PIXTA(ピクスタ)

 コンビニエンスストアで気軽に受けられる「コンビニ健診」というものが、2年前から実施されている。メタボリックシンドロームに着目し、病気を予防することを目的とした「特定健診」や「がん検診」などがメニューだ。

 がんや生活習慣病などの早期発見や予防ができる健診が、身近なコンビニで受けられることは、どのようなメリットと成果がもたらしているのだろうか。その実施の背景や成果、利用者の声などを紹介したい。

尼崎市で国内初の“コンビニ健診”

 国内で初めてコンビニ健診を実施したのは、兵庫県尼崎市。大手コンビニチェーン・ローソンと提携し、2013年10~12月にかけての土日の2日間、計12回に渡って、市内6カ所のローソン店舗の駐車場へ健診車を巡回させた。検査は、質問項目への回答、身体計測、血液検査、血圧測定、尿検査、そして医師の診察だ。

 健診の予約特典としてゴミ袋や糖質とカロリー控えめの「ブランパン」をプレゼントしたこともあってなのか、計248人もの受診につながったという。受診者の年齢は16~82歳で、16~39歳が50.2%と半数を占めた。

 費用については、16~39歳の尼崎市民であれば1000円、22歳以下は無料。40~74歳でも、尼崎市の国民健康保険加入者と全国健康保険協会加入者は無料。その他の保険加入者は5600円と設定され、市民にとっては費用、アクセスのしやすさの両面で、利用しやすい健診となった。

コンビニ健診の背景~受診率向上

 コンビニ健診が実施された背景には、「特定健診受診率向上」が狙いとしてある。兵庫県尼崎市の23年度特定健診受診率は39.1%で、受診率目標の60%をかなり下回っている。病気の早期発見・重症化の予防は、高騰する医療費を抑える対策のひとつとなる。

 同市の未受診者に対するアンケート調査結果によれば、受診しない主な理由は、「通院しているため必要ない」「健康だから(健康であると思っているから)」「受診したいが忙しくて行けない」などだったという。このような未受診者のうち、潜在的な重症者をどう掘り起こしていくか――。

 この課題を改善するために実施されたのが、コンビニ健診である。その結果、初めて受診した人の割合は78.7%となり、若者層の未受診者の掘り起こしにもつながった。

佐賀県でも大規模なコンビニ健診

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔